【釣りリアル研究所】オフ会@亀山ダムに参加してきました!

スポンサーリンク

私、今年の2月から”釣りリアル研究所”というオンラインサークルに所属する研究員でして、日夜研究に勤しんでいる…わけでもありません。笑

が、サークル内でやりとりされる内容を自身にフィードバックしながら釣りを楽しんでいます(*^-^*)

そんな”釣りリアル研究所”が開催するオフ会が亀山ダム@トキタボートで行われるということで参加させていただいてきました~。

11月の亀山湖

亀山は実に1年半ぶりでした。最後に来たのはH-1の時ですね。

その時ともまた季節が違う…秋の亀山湖でした。

ただ先週までは精進湖にいた私にとって、亀山湖の水温16℃台は「これなら簡単に釣れるだろ?」と3本は余裕で揃うだろうと思ってました。

(精進湖が12~13℃台でしたからね。汗)

ただ、今回はオフ会だから釣果もそこそこにいろんな方との交流を楽しもうと思っていました。

D2ホグ

ファーストフィッシュは亀山らしい?というか、カバーへのフィネスアプローチ。

18アルデのラインを0.8号PEに巻き替え、リーダーの先には発売されたばかりのD2ホグ(DSTYLE)。

これを1.8gのジカリグでカバーに打ち込んでいきました。

で、シャローカバーに送り込んでいると、あれラインが止まんねぇなッ!?とフッキングすると、37cmのバスをキャッチできました。

スポンサーリンク

私がホッとしたのは言うまでもない。笑

しかし、見せ場はここまでで、「サカナ浮いてるのか??」と色々なエリアを見て回ったのですが、逆にエリアを絞りきれず迷走…。

そのまま1本でのウェイインとなりました。

バスはやっぱり浮いていた

ダメダメだぁ…と思って帰着すると、意外や意外に、なかなかのタフっぷりだったようで、上位の方々以外は1本の方が多かったようでした。

私も1本だったのですが、サイズがまぁまぁだったこともあり、参加者25名中7位でした。

まぁ上位の方たちはだいぶぶっ飛んでたんですけどね。汗

色々な方の話を聞くと、やっぱり朝はバスが浮いていたようで、あぁやっぱりなと。

2位のメガネバスさんはノーシンカーでグッドサイズを複数本キャッチしており、ノーシンカー=夏という超ステレオタイプな自分の考え方をアップデートしてくれました。笑

そして、抽選会ではDSTYLE賞が私のもとに…(D2ホグで釣ったからですよと亀山虫太郎さんのお言葉をいただきました♪)

ボート代もペイペイッできちゃう内容量に大満足でした。シーッ。

お会いしたかった人たちに

この”釣りリアル研究所”には、みなさんが一度は記事を見たことがあるようなブロガーさんや聞いたことのあるお名前の方たちも多く在籍されていまして、その方々にお会いするのも1つの目的でした。

特に房総レイクをメインに活躍されている方々が多かったので、私としてはなかなかお会いできずにいたんですね。

そんな方々が一堂にお集まりになるなら…ねぇ?

束の間でしたが、色々な方とお話することができて良かったです。

そして何より”千代田野郎”を気にしてくださっているのが嬉しかったです(*’ω’*)

あっという間の1日でした

というわけで、写真が少なめというブロガーとしてどうなんだい?みたいな記事でしたが、駆け足でオフ会の1日を振り返ってみました。笑

本当に楽し過ぎてあっという間の1日でした。

こういうイベントに参加させていただくと、今度は自分が運営する際のパワーを貰えるんですよね。

あとは運営の際のヒントももらえたり…笑

釣りって本当に人を笑顔にするんだなぁと改めて感じた1日でした。

主催のランチア所長をはじめ、参加されたみなさま、ありがとうございました!

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です