【新利根川】新利根警ら隊より報告「異常ありませんでしたァッッ!!!!」

スポンサーリンク

「土曜日より2週間、特別任務として新利根川警ら隊に配属されました、Ryoと申します!

13日、14日の新利根川の様子を報告します!!」

 

初フィールド

 

Welcome to KAWAZZSTYLE!!

管理人のRyoです。いえ、2週間限定の新利根警ら隊のRyoです。

 

来週末に控えたH-1グランプリ新利根川戦に向けて、現地調査してまいりました。

以下、調査報告書になります。

なお、結論から先に申しますと、

 

 

異常なし!!!であります。

 

水神屋ボートさん

 

今回の活動拠点は水神屋ボートさんでした。来週末は松屋ボートさんを利用する予定なのですが、13日は臨時休業だったことと、2日連続釣行の予定でボートパーツをつけたままにしておきたかったので、2日間水神屋ボートさんにお世話になりました。

ローボートは¥2800/日、バッテリーは1発¥1500でした。予約しておくと?なのか、受付時にお弁当セットを支給して下さいました。

笑顔が可愛らしいおばあちゃまが対応して下さいました。

 

ちなみに、初場所のボート屋となると、トイレが気になる私。

水神屋さんの場合は店舗に入ってすぐ左手に洋式トイレがありました。

 

 

名物の坂準備?

 

新利根川=キツイ坂を往復して準備するスタイルを予測していましたが、水神屋ボートさんは違いました。

岸際にボートがつけてあるスタイルなのですが、足元が滑りやすい。汗

気を抜いた2日目は見事にスっ転びましたよ。笑

 

水神屋さんの場合、ボート乗り場と店舗の間にちょいちょい車が通る道路があり、そこを往復しながら準備するスタイル。見た感じ、朝来た人からボート乗り場に近い場所に車を停車して荷物をあらかた降ろし、その後店舗裏に車を移動させるといった風だったと思います。

駐車場自体離れてはいないので、最悪運ぶことになってもそんなに苦ではなかったです。

というわけで、未開のフィールドに胸を躍らせながらも準備を済ませ、出船です。

 

新鮮な景色

 

初場所での釣りはワクワクしますよね~。特にリバーフィッシングは山梨においてはほぼ経験できないので、より新鮮(*^-^*)

この濃い濁りもなかなかないんですよね。

スポンサーリンク

見た目では水深が分からないから、ほんとに怖い。汗

まずは岸際を巻きながら上流を目指しました。

 

 

…が、初めのうちは新鮮に感じる景色もだんだんと延々と続く景色に…(;^ω^)

ここで釣れてくれてればモチベーションも高かったのでしょうが、なんもないから気持ちは一気に下降線。

なので、新しく導入したタックルの調整をしてなんとか気を紛らわせました。

 

 

でもやってくうちに分かってきたのは、バスというよりも魚が明らかに多いエリアははっきりしているな~ということ。

案の定、夕マズメに入ったポイントで狙っていると、名物のハクレンとのバトルが勃発しました。笑

釣れていなかったということもあり、すいません、引きを楽しんでしまいました。ハクレンさん、ごめんなさい。

そのまま1日目は終了。

 

新利根警ら隊Ryo「異常ありませんでしたッ!!」

 

2日目

 

この日は洲のやわら方面からスタート。松屋ボートさんも営業してたのでなかなかの賑わいでした。

前日に全く手をつけていないエリアだったこともあって、気持ちも新たに釣りを始められました。

この日は早上がり予定だったので、少しでも来週に繋がる情報を…。

 

下流に降りてくるとバスボートがバンバン走ってくるので波をいなしながら、釣り進めていきます。

(気づいたらバスボートがいる、って感じだったんですけど、どこから出てきてるの?ワープ?)

ただ、このエリアも全くもってミエテコナイ(´_ゝ`)

何をやってるんだ俺は!前日得た情報をさらにブラッシュアップした方がタメになるだろうが!!ということで、再び上流を目指します。

 

で、(私の中の)魚が溜まっているエリアを絞って釣り進めると、まぁかかるかかるハクレン。泣

この子の相手がまぁまぁ時間がかかるのと遡上してたボートを逆戻りさせてやらないとならないことも多々で…。

今日は4回ほど、そのうちマグナムワートを一瞬で持ってかれましたOrz.

 

でも、前日の狙いはやはり合っていたようで、あとはその魚の中からどうやってバスをあぶり出すかに集中しました。

巻くだけではだめで、バスに選択権を与える釣り…と題して色々と試しましたが撃沈でした。

 

新利根警ら隊Ryo「2日連続異常なしであります!!」

 

さてさて

 

というわけで、雰囲気だけ楽しんだ初の新利根釣行でした。笑

それでもちょっとしたヒント、水深の感覚などはつかめたように思います。

来週はバックシーターでの参戦なので、私のプランが出る幕はないかもしれませんが、やれることをやろうと思います。

 

それでは!!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です