ゲーリーワームの教科書を買ってみました。これで極めればゲーリーファミリー入り?!

スポンサーリンク

気がつくとあんまりゲーリーワームを使わなくなっていた。

なんてことを考えてから数日、なんだかゲーリーワームが恋しくなったので、ワームではなくメソッドが載っている本を読んでみました。

【Finesse Fishing with Gary Familly】って本です。

 

レッグワームはやっぱり優秀

 

レッグワームは綺麗なネーちゃんの美脚とおんなじ!?そりゃあバスも人も魅了されるわけだ。笑

 

私がレッグワームを使う時はダウンショットがダントツで、まれにスモラバのトレーラーにすることがあるくらい。

知ってはいたけどやっぱりレッグワームは優秀だな~と。

ネコリグ、スプリットショットなど、釣れるワームなら何しても釣れるんだろうなという気さえしてくる。

ただやはりキモはフリーズアクションなのかな?

 

内容はともかく

 

あんまり本の内容は書けませんが、やはり私は紙ベースも好きですね。

動画とかだと欲しい情報を聞きそびれたり、何度も戻らなくてはいけなかったりと、めんどうくささを感じるんですよね~。

この本で言えば、

”ダウンショットリグのリーダーの長さとその意図は?”

スポンサーリンク

”数あるカラーの中で020(ブラック)を選ぶ理由は?”

などなど、もろもろの情報が一瞬に収集できます。

これって紙ベースならではの良さな気がするのは私だけ?

 

ゲーリーワームの教科書

 

と言い切っていいと思います。それくらい8つのリグ(ノーシンカー、ダウンショット、ジグヘッド、ネコ、スモラバ、ライトキャロ、スプリット、テキサス)とゲーリーワームを用いたメソッドを詳しく解説しています。

アクション方法に関してもゲーリーワームに限らず他メーカーにも通ずるものがあるし、視点を変えればハードベイトの活用にも繋げられそう…。

特に漠然とゲーリーワームを使っていた人など(私とか)は改めて読むと、意識が変わるかもしれません。

発売当時には購入しませんでしたが、今は読んでみて良かったと思える一冊でした。

 

ゲーリーワームに

 

命を吹き込みたい方はこちら↓

 

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です