初フィールドの【高滝湖】はナイスフィッシュ3本で楽しめました。

スポンサーリンク

人生初の高滝湖へ行ってまいりました!

高滝湖と言えば、個人的にはコータローさんの陸魂の”スピナベサイト”というイメージが強いフィールドです。

さーて、スピナベサイト1000本ノックしちゃいますかね、ってテンションで乗り込みました。

お手本をフロントに

今回は今年の千代田野郎で無双状態にあるテルさんとの同船釣行でした。

知れば知るほどとんでもない方で、釣りのスキルも別次元でして、”これは後ろに乗せてもらって色々と盗むしかない!”ということで、今回の釣行が実現しました。

出発は朝の2時。ですが、30分経っても待ち合わせ場所に現れない…。

「すいませーん、今起きましたぁ!!!汗」

(゚Д゚)ノ

そんな感じでスタートした一日でした。笑

と言いつつも、出船時間の5時半にはしっかり釣りを始められました。

養老川が…

今回は色んな釣りを見せてもらう予定だったのですが、その中の1つが上流部での釣り。

ですが、この日は養老川にはほとんどバスがいなくなっていた(らしい)

「普段なら、めっちゃいるんですけどねぇ~」と魚影が薄い中で釣り上げてくれたのはニゴイくんでした。笑

野良ネズミ丸呑みクン。

本湖へ

1つ目のエリアである養老川が完全に沈黙していたので移動。

テルさんの中では安定の釣果が見込める古敷谷川を温存しておき、高滝湖全体を見て回ってくれるプランだったようです。

その移動中にパワーフィネスでまずは1本テルさん先制!

そして本湖エリアの漁礁を丁寧に探っていく釣りにシフトすると、今度は私のエクスプライドがきれいな弧を描く!

スポンサーリンク

安心の一匹かつ高滝湖初フィッシュが40アップとか最高かよ。笑

ルアーはTGブロー&ドライブビーバー。流れ着いた木の枝を乗り越えさせた直後にひったくっていきました。キモティーッ!!!

とりあえず午前中は1本で終了しました。

古敷谷川が…

とりあえず1本釣れて落ち着いたので、温存しておいた古敷谷川に午後は向かいました。

で、す、が、増水のためなのか、ボートが木の隙間を通過できないというアクシデント発生。汗

これにはさすがにテルさんも参ったようで、「こんなはずじゃなかったなぁ」とプラン崩壊してしまった様子。

まぁ私は1本釣れてるので、それなりに満足してたのですが、「この先がおもしろいんすよ」というテルさんの発言を聞くと、どんな楽園が待っていたのかとワクワクしちゃいました。笑

これはどっかでリベンジだな。笑

再び本湖へ

というわけで再び本湖へ戻り、めぼしいカバーを撃ったり、漁礁の周りを探ったりする釣りを展開しまして、

テルさん2匹目はカバーをジカリグで。

そして漁礁回りでは再び私がネコリグで追加。

梅雨も明けて一気に夏の気候になり暑さもありましたが、丁寧に釣りを進めていきました。

ドラマ魚出現

ラストは今日朝イチでバスが釣れたポイントへカムバック。

カバーネコで釣れたこともあり、私が丁寧にカバーを撃たせてもらっていると、カバーの外で自称フリーリグ研究会会長であるテルさんが追加する。笑

(なんだよ、カバーの外かよ)

って思ったので使っていたネコリグはカバーの外にキャストして誘っていると、あっさり反応。

今日イチの45cmのナイスコンディションなバス君でした( *´艸`)

ZODIAS 167M-Sがイイ感じに曲がってくれてました♪

そして、この1匹でタイムアップとなりました。

イン&アウトプット中

ということで初の高滝湖は3本ながら、コンディションの良いバスに遊んでもらえ、大満足の一日となりました!

釣りの内容はもちろんですが、釣りに関する色んな話を聴けたので、しばらくはインプット&アウトプットに日々が続きそうです…。笑

テルさん、一日ありがとうございました!

(次はぜひ”やまよのアナゴ丼”を食べたいものです…。)

それでは!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です