釣行のヒントがあるかも?【シーズナルパターン】で勉強しよう!!

スポンサーリンク

寒い日は続きますが、暦は着実に進んでいる。

来るべき「春」というシーズンを意識しながら釣りをしていくと良いのかもしれませんが、みなさんはその際、どのような指標を持っているのでしょうか?

 

アナザースカイ

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

ブログを書く手が止まりましたよ、アナザースカイ見てたら。笑

怪魚ハンターの小塚拓矢さんがパプアニューギニアで釣りをしてらっしゃった映像だったのですが、

すごく羨ましく見てしまいました。笑

海外釣行もいつかやってみたいなぁ…。

 

季節の進行を感じない

 

2月になりましたが、寒さはいっそう引き締まった気がします。汗

ホームの千代田湖もこの通り↓

”こりゃあ、まだまだ冬の釣りだな”と思っていると、早めに動き出すビッグバスに先を越されてしまう…と毎年思っていますが、いつまでも冬を引きずった釣りをしてしまいます。

 

動画辞書

自分の釣りの根幹にあると言ってもいいのが、並木敏成プロの”シーズナルパターン完全解析シリーズ”。

 

スポンサーリンク

このDVDは和歌山県にある合川ダムでの釣行をシーズンごとに追った作品で、実釣だけでなく、シーズンごとに意識すべきポイントなどもチャプター形式で見られるという優れもの。

”動画辞書”。困ったときにヒントをもらうような気持ちで見ています。

 

シーズンイン前に

シーズン中に見るのももちろんありだと思うのですが、私的には”迎えるシーズンの手前”で見るのがベストなのかな?と思っています。

 

”今やっている釣りは、シーズンが進行していった際に、どのように変化するのか”

同じダム湖で釣りをしてくれているからこそ、季節の進行に合わせたルアー変化も腑に落ちるものが多く、ルアーローテーションなども参考になっています。

 

視聴するタイミング

シーズンオフの今の時期にゆっくり見るのが1番いいと思います。

 

私はそれでも現場に足を運びますが。笑

ちなみに仕事終わりに見るのは、おススメできません。

結構眠気が襲ってきます。

(冬編は黙々と釣りするシーンが多く、3日目の釣行にたどり着くまでに寝落ちしています。笑)

 

合理的な釣り

なんとなく”釣れちゃった”での釣りでは、イマイチ自分に力があるのか推し量れないような気がして。

 

釣りに根拠を持たせるという意味でも、シーズナルパターンは熟知していたいと思っています。

思っているだけですが…。泣

 

まとめ

”来月につながるヒントはないか?”

 

こんなことを意識して釣りをすれば、冬の釣りも辛くないのかな?

その際に指標になるのが”シーズナルパターン”だと思います。

シーズンインする前にもう一度見直したいと思います。

 

それでは!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です