出しどころ限定的?【メガポンパドール】を使ってみました!

スポンサーリンク

人気羽根モノルアー、ポンパドール(ジャッカル)。

その最終形態にして、最強形態である【メガポンパドール】を手に入れましたので早速使ってみました。

 

ビッグクローラーベイト

 

本日もご覧いただきありがとうございます!

Ryoです。

 

昨今のジワジワ?やってきているビッグクローラーベイトブーム。

各社様々なビッグクローラーベイトをリリースしている中で、いよいよジャッカルからも登場しました。

それが【メガポンパドール】です。

 

 

デカすぎ?

 

発売前からSNSをはじめ話題になってました。

そして、先日いよいよ発売となったわけですが地元山梨では即完売か?と思いきや、カラーによっては在庫ありでした。

私はたまたま出掛け先で欲しかったカラーであるブラックを手に入れられたのですが、他のカラーだったらどうだったかな…。笑

インパクトは相当強いのですが、いざキャストするとなると柔なタックルでは扱えない部分もあるので、買うとなると躊躇してしまう部分もなんとなく理解できますね。

 

SPEC

 

全長: 120mm
重さ: 57g
価格: 3,700円

 

使ってみた印象

 

特に感じたことを書いてみます。なお、使用状況はボートフィッシング@リザーバーです。

 

音デカすぎィー

 

実はポンパドールがあまり好きではない私。笑

理由はド派手なサウンドにありまして。

 

 

ラトル音、リアのスイッシャー、そして羽根パーツがボディに干渉して鳴る音。

いまいち釣れる気がしなくて。笑

だからこれまであんまり持とうと思わなかったんですよね。

例外なくこのメガポンパドールも相応のサウンドです。笑

ただそれもマイナスではないように思います。

 

デッドスロー

 

このメガポンパドールがウリに1つしているデッドスローも試してみました。

自分的にはしっかり動いているように感じました。

ただそれほどサウンドが鳴っているような感じがなく…

特にリアのスイッシャーは動いてないような感じもしました。

 

羽根モノブログといえば!のつかじーさんのメガポンパドールに関するインプレでは全く逆のことを仰っているので興味深いです。というか、私が分かってないんだろうな。汗

 

 

私の場合、流れに乗せてリーリングしていたシチュエーションもあったのでデッドスローしている感になった可能性もあります。

 

羽根カタイー

 

 

かなり硬いステンレスの羽根。

並大抵のことで曲がらなさそうな強さがイイですね!

 

タックル

 

私の使っているタックルを一応載せておきます。

スポンサーリンク

 

タックル

ROD:ZODIAS 176MH-G(SHIMANO)

REEL:14 Scorpion200(SHIMANO)

LINE:マシンガンキャスト 14lb (サンライン) (画像と違います)

ロッドにメガポンパのウェイトを乗せて、押し出すようにキャストしていました。

 

出しどころ

 

私が使った印象は、かなり出す場面が限定されるルアーかなと思いました。(自分のタックル内で)

私の手持ちの羽根モノルアー↓

 

 

おおまかな目安ですが、アベンタクローラーがサーチタイプ、ダッジはそこにバスがいると分かれば腰を据えて巻くタイプと考えてますが、両者とも悪天候に弱い印象。

そんな時が強いサウンドやアクションを出せるメガポンパドールの出番なのかな、と思いました。

 

 

アベンタでもダッジでも太刀打ちできない状況を打破する存在。

なので、サウンドが派手なのもサイズが大きいのもマイナスではないのかもしれないと思いました。

 

まとめ

 

 

必ずしも扱いやすいとは言えません。

タックルも選ぶだろうし、出しどころも選ぶと思います。

しかし、これでしか獲れない1匹がいるのだと思うとロマンが溢れます。

一定のリズムで鳴っていた音が、カシャンといって途切れる瞬間をこれからも狙い続けます。

 

それでは!

Thank you for reading KAWAZZSTYLE!!

 

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • Ryoさん、こんにちは(^^)リンクありがとうございます!

    ぶっちゃけいうと、あまり気に入りませんでした(∩´∀`∩)出しどころ限定的ですねwww

    • つかじーさん、いつもリンク貼らせていただきありがとうございます。

      私にとってはかなり衝撃的なぶっちゃけですね…笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です