【音速PEジョインター】継続インプレ。気になる部分はやっぱり気になってしまった…。

スポンサーリンク

ちょっと前に【音速PEジョインター】についての記事を書きました。

わずか1分ほどでノットが組めるということで、FGノットなどを組むのが苦手な方にはうってつけのアイテムでした。

【音速PEジョインター】購入。所要時間1分で作れちゃうマッハノット。

2020-10-29

ただ、この【音速PEジョインター】のパッケージにも書いてあるのですが、「竿のトップガイドに巻き込まないでください」との注意書きがありまして…。

なんとかなるかな?と思ったのですが、使ってみるとだーいぶ巻き込みが気になってしまいました。汗

無意識に巻き込む

エギングや、亀山ダムでのロングキャストにこの【音速PEジョインター】を使ったラインシステムで釣りをしたんですが、結構トップガイドに巻き込みます。

というか無意識に巻き込んでしまいます。汗

”意識して巻き取ればいい”と言われるとそうかもしれないんですけど、結構リズムが崩れました。

ラインのたらしを微調整する必要があって、普通のノットだったらそこまではしないだろうなと思います。

さらに巻き込みがガイドを傷つけている感じも気持ちの良いものではありませんでした。

スポンサーリンク

風が強くても

もちろんメリットもありました。釣行中にノットを組もうとするのに手間取っていた私ですが、この【音速PEジョインター】を使えば、あっという間でした。

夜釣りでもきちんと手元を照らせば、きちんと結べましたね。

急を要する際に

【音速PEジョインター】を使ってみて、そのスピード感にはとても満足しました。

ですが、それを上回るくらいに”トップガイドに巻き込む”ことが気になり過ぎました…。

なので私としてはノットを組みたくても時間をかけられない場合や、ノットを組みにくい場面において使用するなど、緊急事態に使用するアイテムとして位置付けることになりそうです。

ただリーダーの長さ次第では上手く使える可能性もあるので、引き続き使ってみようと思います。

あ、タックルボックスに念のために忍ばせておくのは全然アリだと思いますよ(*^-^*)

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です