【20ゾディアス】167M-S インプレ。“柔”と“剛”を兼ね備えた、新世代バーサタイルロッド。

スポンサーリンク

昨日の170M-Gに続き、今回は【20ゾディアス 167M-S】のインプレです。

新世代

旧型にはなかった番手であり、ィアスベイトモデルではこのロッドのみソリッドティップが採用されています。

カーボンモノコックグリップも採用ということで、まさに20ゾディアスの登場に合わせて生まれた新世代、新ゾディアスの顔と言ってもいいでしょう。

ロッドレングス

6.7フィートというレングスも実はゾディアスシリーズには初めてのラインナップ。

6.6や6.8という数字はよく見かけますが、6.7という数字は見たことがないのでは?

6や8という数字が見慣れているだけに、”7”という番号ついただけで、「ん?なにこの番手?」と手に取りたくなる不思議さ。

この6.7フィートというレングスが私にとっては絶妙という言葉以外では表しようがない。

ツライチ上において、ロッドを下に向けてジャークやトゥイッチをする際に、ちょうど水面につかない。

しかもロッドティップがソリッドということもあり、アクションはロッド先端がこなしてくれます。

ティップは柔らか、バットは剛し!!

使っていて不要なストレスを感じませんでした。

ロッドウェイト

ロッドの自重が97gと、100g台をきります。

よってロッドを下方向にして使う時だけでなく、撃ちものなどでロッドを立てて扱う際も疲れ知らずでした。

軽さ=正義とは言いませんが、このロッドの軽さは釣りを軽快にさせてくれます。

シャッドテールワームや高比重スティックベイトなどをスキッピングさせる際にも振り抜きやすく、結果きもちよーくキャストが決まりました。シングルハンドでのキャストもラクチン♪

ゆえにこのロッドに合わせるリールも必然的に軽めのリールがおススメかと思います。

昨年、長良川で黒田プロに使わせていただいた時は、18アルデバランMGL(135g)がついてましたね。

改めてロッドを使ってみて納得しました。

私は最初はSLX MGL(195g)をレッドカスタムして搭載しようと考えましたが、ちょっと重すぎ…と思って今回は10スコーピオンXTを組んで使ってみましたが、スコXTはリール自重が190gとSLXとあんまり変わらない!!笑

それでもなんとなく違和感を感じたのは、リールのサイズかな?SLXはしっくりこなかったけど、スコXTはしっくり来たので。

この辺りはそれぞれの感覚になると思いますね。

ルアーウェイト

このロッドを購入したのは、5~10g前後のウェイトを用いたテキサスやヘビダン、ノーシンカーをストレスなくやりたいと思ったからです。

そして、それらのリグにはベストマッチだと思いました。

それで、「これはどうかな?」と次々と試し始めたところ…

あれれ?全部、すんごく快適に使えるんですけど?笑

撃ちものにはもちろん、シャッドクランク、フラットサイドクランクの巻きや、7cm~110cmくらいのジャークベイトの操作もしやすく、さらにはスモラバのシェイクなども出来る…。

これまで同様のことを168L-BFSという番手してきたこともありますが、Lパワーだとややパワー不足感もあったり、かといって普通のMクラスの硬さだと、繊細なアクションを出しにくい。

そんな不満を解決するかのように、Mパワーを持ちながらもソリッドティップ搭載の繊細さも兼ね備えているのが【20ゾディアス 167M-S】です。

このいい意味での曖昧さを担ってくれるという点において、合わせるリールが18アルデバランMGLというのもさらに納得してしまうわけです。(30/31番台というシマノ初のスプールサイズも、このロッドにピッタリくる気がしてしまう…。)

ボートフィッシングで言えば、タックルの中間を埋めてくれるような存在になってくれるでしょうし、

陸っぱりでいえば、これ1本で色々と出来るバーサタイルモデルとしても使えるような可能性を感じました。

ソリッドが入ったことで、特にバーサタイル化は顕著と思われ、昨今流行りの”吊るし”などもしやすい…。

まさに現代のフィッシングシーンに寄り添った、新世代バーサタイルモデルといっても良いでしょう

まとめ

この記事書いてたら、もう1本欲しくなってきました。笑

と言いつつも、自分自身まだこのロッド守備範囲を現時点でのタックル内で決められていないので、より煮詰める必要がありますが、こんなに使っていてワクワクするロッドは久しぶりです。

そんな【20ゾディアス 167M-S】も、これまた¥16000台で買えちゃうわけで…。

一応、推奨リールも↓

このロッドは購入直後に即戦力になってしまうとんでもないポテンシャルを持っていますよ…。

それでは!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • ブログ拝見させてもらいました。
    できたら、以下の内容、教えてもらえないでしょうか?
    シマノの釣具お客様相談窓口に問い合わせても教えてもらえませんでした。企業秘密のようなものだと理解しました。

    ブログで紹介されていた、167M-Sについて、
    – リールシート含めた、グリップジョイント部分の全体の長さ。
    – ロッド側一番下、ジョイントに差し込む部分のブランクの径。
    – リールシート下のブランクの径。

    自分もブログを書いています。

    (ゾディアスについての内容)
    もし、良ければ、ブログと、教えていただいた内容を紹介したいのですが、よろしいでしょうか?
    もちろん、教えていただいた内容は、「各自己責任」ということは明記いたします。
    お忙しいと思いますが、よろしくお願いいたします。

    • ご返信遅くなり、申し訳ありません。
      質問されて内容に関しては別件で送らせていただきました!

      また、ブログ内容等のご紹介も有り難いです。よろしくお願いします(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です