この秋ぜひおススメしたいスピニングタックルDE巻き物!

スポンサーリンク

秋は巻きものーなんて言われて巻きまくっている私です。

ですが、年々その定説に疑問符を抱いている今日この頃。それでも、広範囲に散ったバスを探すに手っ取り早いのは間違いないと思います。

 

さて巻き物と言われると色々と思いつくと思われますが、その思いついたルアーたちはベイトかスピニングどちらでキャストされていますか?

ウェイト的にベイトタックルでキャストされている方が多いでしょうかね。私もたいていベイトタックルです。

 

ですが、ベイトタックル(ベイトフィネスも含む)でキャストできないとは言わないまでも、キャストしにくいウェイト帯ってあるじゃないですか。(念を押して言うとできないんじゃなくて、しにくいです。笑)

そのしにくさを皆さんならどう解決されるでしょうか?

 

私が辿り着いた1つの方法は、「ユー、スピニングで投げちゃいなよ」ということです。

これが非常に快適でメリットも多数なんですよ。

もちろんベイトタックルにおけるメリットも当然あると思います。

ですが、今回は【スピニングタックルDE巻き物】の秀でるポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

 

飛距離

 

散り散りになったバスを探してい上で飛距離が出ることは強みだと思います。

水中にルアーがある時間が長い=バスと出会う可能性が高くなる、ってことでいいですよね。

バックラッシュも気にせずオーバーヘッドやスリークウォーターキャストで大遠投。

飛距離をしっかり出す事で…

 

レンジを通せる距離が長くなる

 

最高潜行レンジが決まっているルアーはアングラーが巻くことによって潜っていきます。

特にルアーチューニングをしなければ、深く潜らせるためには相応の準備距離が必要になります。

それが短い距離であれば最高レンジに到達しても、そのレンジを通せるのはごくわずかになってしまいます。(通せないことも!)

よって、出来るだけ潜らせたレンジにルアーを通すには飛距離が必要というわけです。(ドラッギングとかは今回考えず、あくまでキャスティング)

軽いルアー程、ベイトタックルだとなかなか飛ばしにくいし、結果あまり潜らせられないことも考えられます。

だったらスピニングタックルでやっちゃえばいいじゃんてなるわけです。

 

ライン操作しやすい

 

スピニングタックルで大遠投となると、キャスティングフォームはオーバーヘッドかスリークォーターキャストになると思います。

このキャストは着水点が予測しやすいですよね。

すると宙に浮くラインをキャスト中にも操作しながら通したいコースに導くことが出来て、そのまま通したいコースを通せると。

例えば千代田湖ならば、張り巡らされたロープ際通す際にとても重宝するメソッドなのです。

こういうロープのどこの地点にバスがついているのかを探すのが超楽しい♪

 

個人的にはスピニングタックルDE巻き物において一番メリットがある部分だと思います。

スポンサーリンク

 

適正アクションを出しやすい

 

私はボートを進めながら岸沿いをキャストしていく時があります。

その際に心がけているのがラインをやや弛ませること。引っ張りながら巻くようになるとどうしてもルアーが本来のアクションを出せているように思えません。なので弛ませて巻いています。

私の場合エレキ(X3の12V)のスピードを1.5~2速ぐらいでやや斜め前方に投げて巻いてくるとちょうどいい弛みになります。

もう少し深いレンジを潜らせたいとなるとスピードを1速まで落としてやることもあります。

 

タックル

 

というわけでここまでスピニングタックルDE巻き物に対して感じた良さを挙げてきました。

では始めるにあたって、どんなタックルがいいのか…というか自分が使っているタックルの紹介です。笑

 

私はロッドがZODIAS 260ML-G、リールが19ストラディック2500SHG、ラインがPE0.8、リーダーが6lb~8lbのフロロやナイロンです。

ラインがPEなのは早く潜らせたいのと、+数十センチ上乗せして潜らせられるようにしたいからです。

ロッドは巻き物ならばのグラスコンポジット。リールが19ストで、ロングキャストを狙います!

19ストに関しては色々なシチューエーションで試しましたが、巻き物用として今は落ち着いています。

 

どんなルアーを投げてる?

 

参考までにですが、このタックルでキャストすることが多いルアーたちです。

タイニーブリッツDR、レベルシャッドMR、CCプレデター、チップなどなど…。

ジャークなどではなく単に巻いてくるという動作に特化しているかな?(トップ用で使う場合はアクションいれてきます)

 

全てはそこに送り込みたい

 

というわけで長々とスピニングタックルDE巻き物のメリットを書いてみました。

ちゃんと飛ばして、ちゃんと潜らせて、ちゃんと通して、ちゃんと掛けて、ちゃんとキャッチする。

当たり前のことを当たり前にできるのがスピニングタックルDE巻き物なのかな。

まだまだこの秋に活躍させたいです( *´艸`)

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です