釣りフェスティバル2021で気になったものを挙げてみる。

スポンサーリンク

釣りフェスティバル2021が1/22~1/24の間オンラインで開催されました。

出展ブースや各日放送された動画は2/25まで無料視聴可能ということですが、やっぱり気持ち的には最初の3日間が心躍ってましたかね。笑

さて、今年も各メーカーの新製品情報が続々と発表されました。

今回はその中でも気になったアイテムを挙げてみたいと思います。

リール編

①スコーピオンMD (300XG)

スコーピオンシリーズが好きで使っていた私でしたが、SLXシリーズの登場で私の中での存在意義が危うくなっていました。笑

そんな中でスコーピオンシリーズ初のMDという名を冠したモデルが登場すると。

20lb-160mという糸巻量、107cmという1回のライン巻き取り量。

これを欲しいと思った理由は、シーバスゲーム用に使いたいからです。

バス用リールとの兼用でもやっていけそうだと思ってはいるんですが、おそらく毎年やると思うので1~2台は専用を買っても良いような気になってきまして。笑

値段はさすがのスコーピオンシリーズ。本体価格は¥36000なので、実質¥30000前後となりますかね。お手頃かな( *´艸`)

唯一の懸念はリール自重が320gということで、持ったことがない重さのリールです…。

購入前に一度触ってみる必要がありそうですね。

②21カルカッタコンクエスト

え、カワズスタイルがカルコンを!?って、本人が一番思っておりますが。笑

そうなんです、この丸型リールがめちゃくちゃ気になりました。

理由は2つあって、1つは「丸形リール、必要あります?」って直接私に言った人が、今回この21カルコンをゴリ押ししていたからです。笑

普段は猛プッシュされても心に響かないんですが、使わないって言ってた人が「また使いたくなった」っていうのはだいぶすごいんだなと。

そしてもう1つの理由。

これまでもカルコンに興味はあったんですが「○年モデルが傑作」「カスタムするなら〇年モデル」などの情報が多くて、結局どれがいいんじゃーい!!となって購入の優先順位がどんどん下がっていたんです。

そんな時に7年ぶりのモデルチェンジ。しかも発売前にして、すでに傑作と呼ばれてる。

カルコンを使ってみるにはここがタイミングなのかな、という考えがあるからです。

ただ、何に使うかがはっきりしていないというのがネックです…。

ロッド編

①ZODIAS 266ML-G /266ML-G/2

ZODIASがカーボンモノコックグリップを搭載したのが去年。私が大好きな260ML-Gはいつカーボンモノコックグリップを纏って再び出てくれるのかと楽しみにしていましたが…

”60”ではなく”66”というレングスでの登場でした。笑

1ピースと2ピースのラインナップですが、1ピースのカーボン含有率が53.9%で、2ピースのカーボン含有率が64.5%となっており、1ピースの方がよりグラスっぽさを感じられるのでしょうか。

既存の260ML-Gとの使い分けですが、260の方はレングスの短さからトップに多用することになるのかな~。

266ML-Gはすでに予約済みなので、早く手にしたいものです(*’ω’*)

②ポイズングロリアス165XH-SB

シマノ関連のロッドで、XHパワーで7フィート以下のロッドは169XH-SB以来のラインナップ(←情報提供ありがとうございました)

XHパワー=ロングロッドというイメージですが、ルアーに細かなアクションを入れづらかったり、キャストしにくかったりするんですよね。汗

69でも長いかなーと思っていた所に、65というさらに短いレングス。

ようやく出してくれた!!という印象です。

③サイドワインダーHGC-71XXXストロングジャーク

こちらは2021開発ということで、今年中に手に取れるのかは分かりませんが…。

ルアーウェイトをMAX1.5kgまで背負えるということで、これもまたシーバス用に。笑

7.1フィートっていうのも、私にとってはギリギリのラインですが…ちょっと気になりますね。

まとめ

ということで、フィッシングフェスティバルを見て気になったアイテムでした。

去年の今頃の自分とは明らかに違うのは、見る対象が増えたこと。

シーバス、エギング…とバス以外のラインナップも気になった次第です。

(しかも気になったアイテムのほとんどがパワー系のものばかり。笑)

全部を手にすることはおそらくないですが、こういうのをモチベーションに今年も楽しみにしたいですね♪

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • 18グロリアスに169XH-SBがありましたよ
    操作性の為にグリップが短くなってるので使いやすいです
    165XH-SBも同じ人が開発に関わってたはずなので同じくきになってます

    • そうだったんですね!
      169というレングスの時点で私には長ーく感じしまうのでちゃんと見てませんでした。汗

      情報ありがとうございました(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です