あえて時代に逆行していくスタイル。

スポンサーリンク

SNSやブログ界隈では、来年登場する新商品の情報が飛び交っています。

年ごとに新たな機能を搭載して登場する釣具の数々。

そんな時代の流れに逆行した釣具を使っているのが私。笑

それはみなさんご存知かと思います。

 

バンタムMGL

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

最近よく、バンタムMGLというワードをよく目にします。

SHIMANOから来年発売される高剛性ベイト。

注目度が高いことが伺えますね。

黒田健史プロもこの流れにさらに勢いを与えてくれるかのように、SHIMANOスタッフしか知り得ない情報を公開してらっしゃいました。しかも引用大歓迎とのこと!

[ 画像は黒田健史の「いろはにほへと」ブログよりお借りしました。]

 

渋い

 

単純に渋くてカッコいいなって思いました。

そんだけ?って思われるかもしれませんが、いくら性能が良くても見た目が気に入らないと使いたいと思わないのが私です。笑

カラーリングの統一感。

ギア比もローギヤからエクストラハイギヤまでラインナップ。

値段も実売が2万円後半になりそうということで、スコーピオンしか使ってない私でも思わず使いたくなる魅力があります。笑

 

続投宣言

 

スポンサーリンク

新しいリールが立て続けに発表されていますが、私は来年も引き続きスコーピオン縛りで戦っていきます。

そんな人いないでしょ?笑

そこに自分は面白さを感じてるので。

しかも2017はスコーピオンシリーズにも革命が起きた年です。

BFSとDCという新たな世代。

まだまだ使いこなせているとは言えませんし。

 

思いを込めたリールはこれからも使っていくつもりです。

 

比較

 

一方で、スコーピオンばっかり使ってきた私が上位機種リールを使ってみてどう感じるのか。

これはやってみても面白いかもしれない、と思っています。

 

繰り返しますが、3年前からベイトリールはスコーピオンシリーズしか使ってません。

上位機種に限らず、別リールとスコーピオンを比較してみるという切り口は自分にしかできないかも?なんて思ったりもします。

そういう意味では、バンタムMGLを始め、新しいリールを購入する意味はあるのかもしれません。

 

まとめ

やっぱり新しいリールが出るとなるとワクワクしちゃいますよね。

 

バンタムMGLに限らず、来年リリースされるいろいろな製品。

その中でも自分が気になったものはこのブログでも紹介できれば、と思っています。

 

それでは!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です