【河口湖】初バスボートフィッシング。バサクラ気分でいってみよう!!

スポンサーリンク

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

バサーオールスタークラシック2017、北大祐選手、2連覇ですね。おめでとうございます!!

今日はほぼ湖上にて釣りをしていので試合内容は見ていませんが、起死回生のカバークランキングがドラマを起こしたようですね。

1日目を見に行っただけに、2日目の釣行様子も気になる…。DVD買おうかな。

 

さて、私はバサクラでかっこいいバスボートを見た余韻を残しつつ、今日はバスボートに乗って、河口湖に浮いてきました!

 

 

朝、さむい

けっこうな冷え込みでした。

5時40分頃に、湖波ボートに着くと、本日ボートに乗せてくださハシモトさんが。

(1日通して、ちょいちょい北大祐プロに見えた。笑)

 

ハシモトさんは自分がバス釣りを再開したころに必ず読んでいたブログ、”あんた台所でなんばしよっとね”の管理人さんです。

当方のブログも拝見してくださっているようで、嬉しい限り。

今回、この釣行が実現したのは、私が夏にエレキの電源が入らなくなったときに、ハシモトサンが適切にアドバイスをしてくださったことがきっかけ。

それから連絡を取って、この河口湖釣行に結びついたわけです。

 

ドッキドキ☆バスボートに乗船!!

 

 

ハシモトサンは「こんなのまだ小さいよ」と謙遜されていましたが、文句なしにかっこいい!

ボートに道具を積み込んで、出発!!

 

・・・と思いきや、エンジンの使用は7:00~だったので、それまでは桟橋付近で釣り。

 

すると開始早々にハシモトサンが、放流君をゲット

 

私は、放流君には見向きされず。

7時を待って、一気に奥河口湖へ。

 

湖上を駆ける

スポンサーリンク

一言。けっこう怖かったです。笑

時速約70kmぐらい?

ハシモトさんは全然遅いといってましたが。汗

 

そういえばバサクラ初日で伊藤巧選手が、帰着に間に合うかギリギリだったみたいなんですけど、一体何kmで飛ばしてきたんだ?!笑

 

全開スピードでポイントに到着できるのはいいのですね。移動時間が無駄になりません。

ですがウェイクボードの引き波を越える際は、船体が大きく跳ねたり、たたきつけられたりと、なかなか恐怖でした。笑

途中、体浮いたし!!ロッドを固定するのにもうなずけました。

 

慣れてはきたものの、移動ごとに毎回目が覚めるくらい、バスボートのスピードはすごかった・・・。

変に緊張したので、体がガッチガチです。笑

でも終始楽しかった!!

 

 

ウィード撃ち

河口湖のいたるところに生えているウィード。

ハシモトさんの案内でやってきたのは、西湖放水口といわれる、有名なポイント。

なお、減水のため放水はしていませんでした、

先日行われた河口湖Aで、このあたりのウィードに船団ができていたそうで・・・。

 

早速、手作りポークの7gTXでウィードを撃ちます。

 

すると、まずハシモトさんこれまたキーパーサイズがヒット!

 

その直後、私に40ジャストの良型が!

 

何年ぶり?河口湖フィッシュ!!嬉しい!

釣れたのが自分で手を加えたポークというのが、また嬉しい。

ちなみに、この二枚重ねポーク。ボリュームもあるし、オフセットフックも使いやすくなったのですが、今回使った接着剤が水に弱かったのか、使っているうちにはがれてきてしまいました。

接着剤によっては、くっついたままをキープできるかもしれません。

 

甘くない

 

モーニングフィッシュを最後に、2人に追加はなく・・・。

一部ではターンも入っていたようで、なかなか渋い1日でした。

 

でも、午後はエレキも踏ませてもらえ、

 

ガーミンは凄いということが、よく分かりました。笑

 

最後は再び、朝のポイントに入り直しましたがなにも得られず、帰着しました。

 

本日のまとめ

バスボートに魅了され、まさかの翌日にバスボート乗船という夢のような日でした。

ですが、1人バサクラは1フィッシュという寂しい結果に・・・。

今日はバスボートを楽しむこともメインだったので良しとしますか!

次回また乗せていただく時は、”釣り”に集中できるようにしないと。

 

ハシモトさん、本日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました!

また、千代田野郎最終戦でお会いしましょう。笑

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です