【大会参戦レポ】日相CUP第2戦。「バス釣りやめれんて!!」と二度叫ぶ。

スポンサーリンク

日相CUP第2戦でした!

日ごとに変わるフィールドコンディションに立ち向かうことはできたのか?

大会参戦レポートです。

 

無事帰宅

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

今年から参戦させていただいております日相CUP。

今日が第2戦でした。

 

試合が終了すると、ドッと疲れに襲われます。

乃木坂46を爆音&熱唱しながら無事帰宅できました。笑

 

釣果報告

 

今回も無事にバスを持ち込むことができました。

 

 

2本/2025gで第9位でした。

サイズは45cmと40ジャストぐらいのワカサギを喰ってる腹パンバスでした。

 

緊急事態

 

今回は前日プラができない状況でしたが、昨日の昼過ぎに入園式が終わった瞬間に速攻で相模湖入りし、2時間半ほど浮きました。

 

この時は、先週調子が良さそうだった大曲周辺をもう一度丁寧に見ておこうと思い、限られた時間を上流に割こうと思っていました。

 

ところが、釣り開始早々に魚探の電源が入らない。入ってもすぐに落ちる。

 

結局、原因は魚探用のバッテリーの充電がきちんとされていなかったということが分かりましたが…

 

その原因究明に限られた時間のほとんどを割くことに。汗

 

貴重なプラもほとんど出来ませんでした。

 

ただわずかな時間の中でも、先週見られたエリアのパワーをこの日は感じられず。

正直、路頭に迷っていました。

 

本日の展開

 

実は前日に私の釣り仲間であるウサミくんがたまたま相模湖で浮いていて。

彼はどうやら本湖の北岸でいい思いをしていたようでした。

 

その情報を事前に知り、悩んだ末に本湖北岸に全てをかけることにしました。

なお、釣れたリグなどは(悔しいので)あえて聞きませんでした。笑

 

 

寒い朝

 

夜から少しずつ気温が低下しているのは感じていましたが、今朝は久しぶりに寒いと感じる朝でした。

慌ててレインジャケットのズボンとネックウォーマーを引っ張りだしたくらいです。汗

結果、この日は日中風も吹いていたので、防寒着を外すことなく過ごせました。

 

ヨーイドン!!

 

6時50分頃、試合開始!!

 

いやー、やはりエンジンは早いなー。笑

両エレキフル回転で、勝瀬橋まで約10分でした。

 

ほほう♡

 

今年初の本湖入り。笑

 

もちろん魚探には等深図はありません。

(結局、魚探のバッテリーはフットと共有しました)

 

そのまま本湖の北岸に向かうと、風に打ち寄せられた浮遊物で形成されたカバーが!

 

 

実は日が昇ってからのカバー撃ちが勝負かな?と思っていた私は、このカバーがあるのを見て「ほほう♡」と。

黙々と撃ち続けられる状況があればモチベーションも維持できるだろうと思い、朝方は手をつけず、そのまま3つ続くワンドをくまなくチェックしました。

 

何もない

 

とりあえず朝は完全に外したな、と。汗

“でも大丈夫、カバーがある”と思い撃ち始めるもイマイチ確信が持てない。

スポンサーリンク

 

不穏な空気が流れ始めました…

 

ブレイク

 

浮遊物カバーの手前は程よいブレイクになっていました。

さらには時折、強い風が混じりながら、岸に風が打ち寄せている状況。

 

ベイトが寄ってきてないかな?と思い、試しにマイラーミノーの0.9gのミドストを投入することに。

 

ブレイクの上を通すようにアクションさせていると一撃!!

1匹目の45cmほどのバスを手中に収めました。

 

 

本当に、試合中の1匹はたまらないし、震えます。笑

 

1匹を手がかりに

 

そこからはしばらくはミドストタイム。

なんせ、さっきの1本が人生の初ミドストフィッシュですからね。笑

 

使っているフックは以前紹介したカルティバのミドスト専用ジグヘッド。

 

また後日改めて紹介しますが、専用というだけあり、下手くそな私でも楽にアクションさせられるような気がします。

 

活性高い?

 

今回心中すると決めたエリアですが、個人的にはかなり活性が高かったかと。

トータルで見れば、この日はこのエリアで2フィッシュで、チェイスは6回くらい。

 

オーバーハングに引っかかったリグをシェイクして外そうとしたら、水面を割って食ってきたやつもいます。(なお喰い外されるという仕打ち。泣)

岸の手前にリグを落として、連続トゥイッチしてみると、スーッとバスが湧いてくる。

 

絶対追加できるはずだ!という強い確信を持って再びタコ粘り。

 

陽が昇ってきていたので、岩盤でも日陰になっている部分を重点的に狙います。

 

すると、オーバーハングの奥にスキッピングでリグを送り込み、着底させてからアクションを開始させるとすぐにバイト!

 

心臓バクバクの2本目は40cmほどの、これまたワカサギ喰いでした。

 

「バス釣りやめれんて!」

 

この釣りあげた瞬間の高揚感。

たまらんす。笑

 

リミットを目指す

 

その後は時間の許す限り、同じ狙いを繰り返す。

しかし、タイムリミットが迫る。

 

後ろ髪引かれつつ、ポイントを後にしたというわけです。

 

 

その帰り道、本流筋は劇濁り!汗

この濁りだったら、私はなにをしていいか本当に分からなくなっていただろうな…と思うとゾッとしました。

改めてありがとう、ウサぴょん。笑

 

優勝は…

 

実は密かに期待していた私ですが、やはり甘かった。

優勝はノリーズプロスタッフの山口さんでした。

ウェイトは圧巻の3本で4050g!!

 

しかしまぁ、上位陣の釣り方を聞けば聞くほど、今日の私が狙った魚では表彰台は無理だったんだろうなと。

私が狙ったブレイクは捕食をしようと待ち伏せるバスがいるであろうブレイク。

 

一方、上位陣の狙ったブレイクは岸に上がってくる手前のビッグママたち。

 

私が今できる全てのことを出し切っても上位には及ばない。

 

バス釣りは奥が深い。

まだまだやれることがある。

悔しい…

 

「バス釣りやめれんて!」

 

2度目の「バス釣りやめられんて!」には、そんな思いが込められています。笑

 

というわけで

 

日相CUP第2戦の参戦レポートでした。

次戦は6月10日。

引き続き、気を引き締めていきたいと思います。

 

それでは!!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • お疲れ様でした!!
    しっかりバスを手中にしているところが自分とは全く違います!!
    さすがとしか言い様がありません!!
    自分は同日に高滝湖で楽しんでおりました。

    • kfcmichiさん、コメントありがとうございます!
      個人的には、たまたまが2戦連続続いているだけだと思っておりますが。汗

      高滝湖、個人的に今年行きたい湖の1つですねぇ~(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です