ミドスト食わず嫌いのあなたへ。【スウィングヘッド】でチャレンジだ!!

スポンサーリンク

”ミドスト”と言われると、勝手に出来ないと思い込んでしまう男の子がいました。

だから、やりたいと思っていても、なにかしらの言い訳をつけてチャレンジすることもありませんでした。

 

今でしょ

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

春の鉄板ルアーといえば、ジャークベイトやシャロークランクでしょうか。

それと同じくらいこの時期に出番が多くなるのが、”ミドスト”だと思います。

 

なぜミドスト?

 

自分自身、なにかの雑誌などの受け売りになってしまいますが、自分の中の解釈としては、

温められた水の層に浮いてきているバスに対して、スローにかつ違和感を与えすぎずにアプローチできるもの、

として解釈しております。(正解ではないことは重々承知です。汗)

 

スローに、というのは春のキーですよね。

温められた水温といってもまだまだバスが本気を出せる水温には足らず、動きがスローになってしまっているバスも多いはず。

そんなバスが追いつけるスピードがこのリグだと出せるのです。

 

違和感を与えない、というのは…ワームだから。笑

使うワームもリアル系が多いですよね。

あたかも弱っているようなベイトが水中をふらついている…そんな様子を演出してくれていると思います。

 

誤ったリグり方?

 

私はついこの間までミドストは、”ジグヘッドにワームをつけて、ロッドティップをこまかく動かして引いてくればいいのだ”と思っていました。

だから、ジグヘッドなら何でもいいと思っていたし、重いほうが自分が何をしているのか分かりやすくていいはずだと考えていました。

 

それが結局、誤認識だったことは以前書きました。

 

 

つまり、ミドストをやるための知識が全くなかったのです。

そんな時に出会ったのが、スウィングヘッド(カルティバ)のミドスト専用ジグヘッドでした。

 

 

専用設計

 

このジグヘッド、サイズ・ウェイト展開は3種類です。

0.9g(#1)、1.4g(#1)、1.8g(#1/0)

 

(*ウェイト上限が1.8gしかないところからも、このメソッドはあくまで軽いことが大前提であることが分かりますね。汗)

 

よく見かける普通のジグヘッドとは明らかに形状が違うのは、一目瞭然ですよね。

 

 

通常ならシンカー部分と装着するワームの位置は同じになると思いますが。

このスウィングヘッドは取り付ければ、ワームのやや上部にシンカーが位置することになります。

 

おそらくこれがミドストのキモであり、ワームを上手くアクションさせられるのだと思います。

 

慣れている方であれば、普通のジグヘッドを用いても上手に取り付けることは可能でしょう。

スポンサーリンク

しかし、このメソッドに初挑戦する方にとっては「この位置であってる?」「この付け方でいいの?」とキャスト以前の段階で時間を取りたくないじゃないですか。

 

だから、そこは専用設計されているモノを使用しちゃいましょう。

キャストしなければ何も始まらないですからね。

 

装着例

 

つけてみるとこんな感じです↓

 

 

 

出来るぶる

 

ところで、ここまで私はあたかも”ミドスト完璧にできます”ぶってますが。

上手い人から見れば笑っちゃうくらいまだまだだと思いますよ。笑

 

ある漫画で「日本人は外国語になると途端に”私は喋れない”と自信を持たなくなる。逆に外国人なんて”スシ”、”テンプラ”と喋れるだけで、”日本語できます”とものすごく自信を持っているように振舞う」と書いてありました。

 

なにが言いたいのかというと、上手くなくても「俺はミドストできる」ぐらいの気持ちでやっちゃえばいいということです。笑

レンジも何をやっているのかわかるレンジでやってみてもいいと思います。

私は今回は水面下1mでやってました。

それでも下からバスは沸いてきましたし!!

やっぱりキャストしないといつまでたってもモノにならないですもんね。

 

まとめ

 

 

一見、難しそうに感じる”ミドスト”というメソッド。

ですが、それはその人の勝手な思い込みで、専用設計されているフックを使えばグッと身近になります。

 

そしていいイメージを持てれば、もっとキャストしたくなる。

 

食わず嫌いの方、ぜひチャレンジしてみませんか?

 

それでは!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です