【ジーニアススクリューネイル】インプレ。天才的形状のシンカーの出し所。

スポンサーリンク

ずーっと気になっていたネイルシンカー。

【ジーニアススクリューネイル】(G-niusプロジェクト)を使ってみました。

細いワームにスムーズに

このネイルシンカーの強みの部分の1つは、”スクリュー部分が細い”ことだと思います。

ドライブクローラー3.5インチや、クリーピーミノー2.7インチにはこれまでダイワのネイルシンカー(リーンタイプ)を使っていました。

感覚的には無理やり入れ込む感じなんですけどね。汗

この無理やりな感じをなくして、もうちょっとスムーズに入れられるシンカーがあったらいいなぁと思っていた所に、この【ジーニアススクリューネイル】。

発売から結構経っていると思うんですけど、なかなか売っているところを見なくて。

先日、伊庭内湖に行った時の釣り具屋巡りでようやく発見したので、今回は0.9gと1.3gを購入しました。

同じウェイトとは思えない

パッと見では、同じウェイト(0.9g)には見えないですよね。笑

ただスクリュー部分の細さは思っていた以上でした。

これなら今まで以上に楽にワームに刺せます…刺せました♪

実釣にて

実際に使ってみたのですが、これまで使っていたリーンシンカーとは使い分けをしていくことになりそうです。

というのも、この日はフォールでバイトしてくることが多く、正直なところ【ジーニアススクリューネイル】である必要はないような気がしました。

【ジーニアススクリューネイル】の方がより重心が先端に乗っていることでフォールスピードが速くなったり、ワームのアクションがキビキビしたりする気もするんですが、極端に差を感じられるのかと言えば私レベルでは微妙なところでした。汗

それにファイト中にシンカーではなく、ワーム自体が外れてしまえばシンカーもろともロストしてしまいます。

同じフォール主体の釣りであれば…これまでのシンカーでも良いような気はしました。

出し所

ということで【ジーニアススクリューネイル】はどこで使うか…ということで、ボトムでのアクションが主体の釣りにはこのシンカーの出番ではないかと思います。

見た通り、明らかにボトムへの接地面が他のシンカーに比べて多いので、手元に伝わる情報も必然に増えると思います。

そしてボトムに当てることで音を出しやすいのも、このシンカーならではだと思います。

スクリュータイプで抜けにくいのは、もちろんです。

そして何より、”細いワームに刺して使える”という点はこれまでのシンカーにはなかった部分だと思います。

小さくて細いワームを沈めて使ったらムフフ…となるのは、私だけでしょうか?笑

まとめ

細いワームに刺しやすく、抜けにくい。ボトムとの接地面が多くて、音も立てやすい。

これが私がこの【ジーニアススクリューネイル】を使ってみて感じたことです。

購入を考えている方の参考になれば幸いです。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です