スピニングタックルDEスピナーベイトを巻くだと!?

スポンサーリンク

連日スピスピ言ってる当ブログ。

ついに”スピ”ニングと”スピ”ナーベイトが合わさりました。笑

スピニングタックルDEスピナーベイトを巻くとかありなの??

 

初心者時代

 

誰にでもあるだろうということで包み隠さず言いましょう。

私はバス釣りを始めたころ6lbラインで1/2ozスピナーベイトを投げまくってました。笑

誰にでもそういうことってないです?

結果、どうなるかは皆さんのご想像にお任せしますが、人は失敗を経験して何かを得るんですね~(遠い目)

 

 

そんな私、今再びスピナーベイトをスピニングタックルで投げまくっています。

「どうしたカワズスタイル!イカれたのか、カワズスタイルぅぅぅ!!」となりそうですが…

 

うーん、使いようによっては結構有用じゃね?って思い始めております。

 

タックル

 

使用しているタックルです。あくまで一例。

そうは言ってもスピナーベイトなので、ある程度の硬さが必要だと思うのでM以上は欲しいと思い、今はタクティクスのスーパースカウトマスター66Mというロッドを使用しています。(ゾディアスじゃない←)

このロッドはパワーフィネスでも使っているロッドで、これからの時期はメタルにも流用していきます。

リールはストラディックCi4+2500HGS。ラインはPE0.8号にフロロリーダーを組んでいます。

 

扱うウェイト

 

使っているウェイトは2種類で3/8ozと1/4ozのみ。特にこれ以上重いのはきついな~と思っています。

1/4ozスピナーベイトはベイトでも投げれないことはないですけど、スピニングの方がキャストしやすいと思いますね。

 

レンジをキープしやすい

 

スピナベを巻いてくるときにラインたるみを作りやすくて、浮き上がりを抑えやすいと思います。

ボートを流しながらの際はさらにやりやすくて、エレキのスピードによっては気持ちちょい下のレンジを引いてこれます。

 

レンジをコントロールしやすい

 

ウィードのトップや溶岩帯に当てて巻いてくる際に、スピナーベイトを操作しやすいです。

私は基本的にロッドを立て気味に巻くので、たるみも作れるし、何かに当たれば回避させることも容易です。

スピニングタックルDE巻き物をする際にも同様です。

この秋ぜひおススメしたいスピニングタックルDE巻き物!

2019.10.28

 

ドラッギング

 

10mぐらいのポイントではスピナベのドラッギングもしてみることもあります。

PEラインを使っているのでしっかりアクションしているのか分かりやすいです。

 

だんだんと

 

スピナベを見えるレンジで巻いてくるとチャンスがない時期になってきていると思います。(あくまで個人の感覚と通っているフィールドにおいてです。笑)

すると、どうしても一段深いレンジを欲するんですよね。

そういう時に繰り出される手段の1つとしてのスピニングタックルでスピナーベイト。

まずは硬めのスピニングロッドがあれば試してみてはいかがでしょう?

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です