DSTYLEから初のバスフィッシングロッド登場!その名も【BLUE TREK(ブルートレック】

スポンサーリンク

”2019年12月22日 DSTYLEから重大発表”があったこと、みなさんご存知でしたか?

雑誌やSNS等で事前に告知があり、気になっていた方も多いと思います。

私も気になってインスタライブ視聴させていただきました。

 

2020年春、DSTYLEからロッドが発売されるようです!

 

その名も【BLUE TREK(ブルートレック)】

 

コンセプトムービー

 

まずはブルートレックのコンセプトムービーから見てみましょう。

[youtubeより]

 

コンセプト

 

まだ情報が少なく、動画やインスタライブでの青木プロの言葉からしか明確なものは伺い知れませんが…。

 

スポンサーリンク

(画像はすべて動画より)

 

要するには、

青木大介が日本での経験をもとに、不必要なものは削除し本当に必要なものだけを取り込み具現化した、あらゆる状況の変化に対応できる無限の可能性を持ったロッド

 

とうことでよろしいでしょうか?

 

ラインナップ

 

【BLUE TREK(ブルートレック)】、まずは10機種とのことです。

番手などは順次明らかになっていくとのこと。

動画を見る限りでは、ベイトが6本、スピニングが4本のように見えます。

 

Deezはどうなる?

 

青木プロといえばアブのDeezを真っ先に思い浮かべると思います。

これに対して、「Deezはこれからも継続してやらせていただく」と青木プロも明言してました。

 

今回の【BLUE TREK(ブルートレック)】はDeezとコンセプトが違い、

 

色んなフィールドで、

色んなスタイル(バスボート、レンタルボート、陸っぱり)で、

誰もが使いやすく、手に取りやすい

 

ロッドであるということです。

 

個人的には手に取りやすいということから価格設定が低めにされているのかな?と推察します。

 

バスフィッシング人口の底上げを図る中で、道具が手に取りやすいということは重要だと思います。

青木プロと言えばDSTYLE主催のサマースクールなど大人だけでなく、キッズ向けの企画もされています。

憧れの青木プロが監修した新たなコンセプトのロッド…。

これだけでもとても魅力ですもんね( *´艸`)

 

あ、全部、私の憶測ですよ。笑

 

気になる続報は…

 

月末の雑誌、そして来年1月のフィッシングフェスティバルか…と思ったのですが、現時点(2019/12/22)ではDSTYLEブースの出店は確認できませんでした。

まだ新たなロッドシリーズ【BLUE TREK(ブルートレック)】の全貌は明らかになりませんが、注目してみたいと思います!

 

それでは!!

Thank you for reading!!

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です