グラススピン再燃?!【ZODIAS】から”260ML-G”がデビューするぞ!!

スポンサーリンク

もはやZODIASに死角はないのか?

2018年 SHIMANOフィッシングカタログを手にいれ、この目で確認しました。

出るぞ!!ZODIASからグラススピニングロッド”260ML-G”!!

SHIMANOさん、ありがとうございます!!笑

 

キターーーーーー

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

ちょっと興奮が止まりません!笑

2018年、ZODIASからNEWモデルが出ることは分かっていたのですが、まさかグラススピニングだとは!

冷静に考えるとすでにかなりのラインナップが出ているZODIASですので、NEWモデルとなると「グラススピンか?」と予想はしていましたが、まさかのでした。

 

ハードベイト専用グラスコンポジット”SERIES”

 

今回満を持して登場するのは”260ML-G”です。

 

スペック

全長:6フィート(1.83cm)

自重:97g

適合ルアーウェイト:4~12g

適合ライン:5~10lb

グリップ長:203cm

テーパー:レギュラー

本体価格:¥17500

身近なタフフィールドの攻略を見据えたグラスコンポジットスピニングロッド。爽快なキャストフィールに加え、小型クランクベイトの微かな振動もティップを通して伝達します。

(シマノ カタログより)

 

 

気になるのは、カタログに”SERIES”と表記されている部分。

これは、今後サイズ展開もされてくような気がしますね。

 

 

手ごろな値段

本体価格が¥17500なので、実売価格は1万円台前半になるのかな?

 

だとしたら、グラススピニングをはじめたい方にはかなりお手頃価格ですよね。

もちろん私も初グラススピニングになるので、これは今シーズン手持ちになるでしょう。

 

 

気になる長さ

 

今回は6フィートということで、短めの設定。

おそらくボート上でも取り回しが良いことは予想できます。

その短さゆえに、狙ったところにキャストもしやすいでしょう。

 

 

ウェイトを乗せる

ルアーの飛距離もグラスロッド特有のダルさで、ルアーウェイトをロッドに乗せられるので、そこまで気にならないのかな?と思います。

 

ベイトフィネスでも投げにくいと思っていたスモールクランクなどを投げられるのはいいですね。

スポンサーリンク

 

 

 

LじゃなくてML

 

ここは個人的にグッドなポイント。

ML表記なので、多少強気に攻めてファイトもできると思うし、このロッドでやりたいトップウォーターもアクションさせやすくなると予想。

 

 

グラススピン再燃?

 

先日はレジットデザインからもグラススピニングロッドが出ることを記事にしました。

(ロッド&リール2月号より)

 

 

必要性から生まれ、今回デビューとなったと思うので、グラススピニングの時代が再びやってくるのでしょうか?

 

 

 

まとめ

抜かりなくZODIASもNEWモデルを出してきましたね。

 

他にも気になるモデルがありますので、それはまた紹介したいと思います。

 

それでは!!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です