なんで鬼が来るのに鬼のお面なんだろう?

スポンサーリンク

1月も終わる…ってことで、節分が近づいているわけですよ。

私はこれまで節分製作となると、”鬼のお面”を作って、節分当日にそれを身につけて、子どもたちと一緒に豆まきをしてました。

ただ冷静に考えると、なんで鬼が来るのに鬼の格好して待ってるんだろう、ってことです。笑

保育業界にもノウハウ雑誌みたいなのは結構あるんですけど、どの雑誌も鬼のお面の作り方のレパートリーばっかりが載ってます。

もれなく私もその雑誌をヒントにしながら作ってきたのですが、今年はその流れを断ち切ってみようと思いました。

というわけで、今年は子どもたちに”どうやって鬼を迎え撃つ?”と提案してみました。

「豆を投げまくる」

「刀を作る」

「誰かを囮にする」→「その隙に後ろから、攻撃する」

「鬼の嫌いなものを置いておく」

「カッコイイお面を作る」

私としてはこの活動に答えは求めてなくて、”鬼が来る”ということに対して、個人で、そしてクラスでどう考えるのかなぁっていうのが見たいのと、それに向けてどう取り組んだかを大事にしたいと思っています。

今日は大きなヒイラギの葉っぱと、イワシの頭を画用紙や新聞紙で作りました。明日は身を隠す壁を作るそうです。笑

1月はやっぱり1匹止まり

さて1月の釣行を振り返ると…

津久井湖…1回
千代田湖…4回
豊英ダム…3回

という釣行スケジュールでした。

運よく、1月3日に初バスをキャッチすることができましたが、読んでくださっている方はもちろん、私自身も「まぐれだなぁ~」と思ってます。笑

もちろん使ったルアーも、通したコース・レンジもしっかり意図があったわけですが。

でもこの1匹で思ったのは、普段110サイズのジャークベイトばっかり使ってるけれど、タダマキ132って130サイズじゃん!!ってこと。130サイズのジャークベイトもいくつか使ってみないといけないな~と感じました。

2月の予定

これまでだと、初バスは2月にキャッチすることが多かったので、その検証という意味では千代田湖が多くなりそうです。

そしてプレシーズンマッチである水面遊戯野郎もありますし。

頭がおかしい人がジワジワと集まってきてます。笑

感覚的には”もう2月じゃん!”って感じです。汗

バスにとっての年間最大のイベントが控えていると思うと、2月も出来るだけフィールドに立ちたいな~と思いますね。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です