雨の日の【傘】on the Boat。快適でビックリした件。

スポンサーリンク

3連休の初日(9/16)は台風の影響で、朝からパラパラと小雨。

濡れるのは避けられない状況でした。

そこで、これまで、ボート上に積み込もうと思っていて、つい忘れていた【傘】。

今回、試して見るには絶好の条件化の下、実際に使用してみました。

 

そこは楽園

 

はっきり言って「快適」と言わざるを得ません。

それぐらい、有用性を感じました。

 

出しどころ

私が傘を使用したシーンは以下の通り↓

・ポイント移動の最中

・スマホを使用する時

・リグを結びかえる時(特に複雑なものの時)

 

①ポイント移動の最中

釣っているときに濡れるのは、もちろん構わないのですが。

ポイントを移動中に濡れるのって、なんか損している気分です。

雨にやりたいようにやられている、というか。

 

②スマホを使用する時

ブログを書かせてもらっている以上、写真を撮る回数は多いです。

スポンサーリンク

さらには、仲間との連絡をとったり、現場の情報を手に入れたりと、何かと使用することが。

正直、写真を撮る際は、傘を画面に入れたくないのであまり使用しませんが、

LINE等を使う際は使用します。使用しているスマホも防水ではないので。

 

③リグを結びかえる時

この日は途中で、ダウンショットを導入するシーンがあったので、傘は大活躍でした。

無防備に濡れなくて済みますし、さらには不用意にシンカーやフックが濡れません。

スナップでルアーをつけかえるぐらいなら、傘は出さなくて良いと思います。

 

傘はクリア

そこまで拘る必要はないと思いますが。

透明なものの方が、視界も良いです。

ボート上の思わぬ事故=落水やボートやエレキの破損等、後悔しきれない結果が待ち受けているかもしれません。

ちなみに私はセブンイレブンで60サイズの傘を¥500で買ったものを使いました。

 

まとめ

なんだかんだ言っても、一番利用するタイミングはポイントの移動の最中ですね。

これまで、雪の降る中や大雨の中でも釣りをしてきましたが、

 

【傘】が1本あっただけで、だいぶ違っただろうな。

体温低下、不快感・・・どれも集中力を欠いていく要素だと思います。

そんな状況下で果たして、良いキャストが決まるか?

そのキャストが決まっていたら・・・

 

なんてことは言いすぎかもしれませんが、とにかくボート上の【傘】はかなり有用です。

まだお試ししていない方、ぜひやってみてくださいね!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です