18バンタムフロッグへの”期待”と”不安”。

スポンサーリンク

Bantamプロジェクトからいよいよフロッグがリリース予定?

しかも、監修はフロッグマイスターの伊豫部健(イヨケン)。

いまだ人気のフロッグ”アイオビー(ジャッカル”のリリースから数年。

NEWイヨケンフロッグの登場に心が躍るのですが・・・一方で不安もあります。

 

フロッグ好き

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

私の好きなルアージャンルに1つが”フロッグ”なのですが、気になるものがあると購入していました。

今またスリザークやバスターク(デプス)の流通もまた増えましたが、山梨だとあまり手に入らず、店頭にあったら即購入していました。

 

そして、それ以上にレアなのが”アイオビー(ジャッカル)”でした。

 

このフロッグもパッケージ入りにはほぼめぐり会えず、主に中古なんですが、やはり売っているとリアクションバイトしてしまうのです。

 

キャストだけは多い

フロッグで釣った魚は数えるほどしかいないのであれですが、

キャスト回数はかなり多いと思います。

種類の違うフロッグを所有しているので、各々のアクションを試したくなるじゃないですか。

 

”濃いマットの上をアクションさせて、下からバスが突き上げてきて・・・”

 

そんなことを考えながらアイオビーをキャストしてみると、全然アクションしないのです。汗

 

オープンウォーターフロッグ

アイオビーは見てもらって分かるように、腹部がV字型になっているので、マットの上だとどうしても寝転がってしまいやすいのです。

イヨケン曰く「アイオビーはオープンウォーターで使うフロッグなんです」と言っていますが、

 

オープンウォーターでフロッグを使う理由ってなんなの?

 

私にはそれが疑問でした。そして、その答えはいまだに出せていません。

スポンサーリンク

 

アイオビーの強み

それは形状がV字型故の”水押し”だと思います。

バスの側線に訴えるその水押しはアイオビーの強みでしょう。

 

動かしにくい

V字形状ゆえに、”動かしにくい”・

動かしにくいものを動かすから起きる水押しは相当だろうが、簡単ではありませんでした。

ショートロッド、ハイギアリール、PEセッティングでも納得のいくアクションが連続で出せず。

 

だからこそ、デカバスに的を絞ったアクションをモノにできれば、自分にしかとれない1匹に出会えるのかもしれない。

これこそがアイオビーの魅力だと思います。

 

 

どうなるバンタムフロッグ

というわけで、イヨケン監修ということで期待(強い水押し)と不安(アクションさせづらい)が入り混じる中でプロトを拝見してみると

[伊豫部健さんのinstagramより]

なんとなくアイオビーに似ているような…。

ですが、若干V字型は緩くなっているような気がします。テーブルに置かれても傾いているようには見えません。

あとはアイオビーに比べて、横幅が広くなったようにも見えます。

そしてボディの曲線もなくなったような気が…。

 

まだ全貌が明らかではないのでなんとも言えませんが、18バンタムフロッグ(仮)と名を変えた”アイオビー”ではなさそうな予感がします。

これは少し期待が高まります。

 

カテゴリーNo1

精力的に新ルアーを出しているバンタムブランド。

[画像はバンタムHPより]

各々のルアーカテゴリーでNo1を目指すことを謳っていますが、バンタムフロッグは果たして?

扱いやすさ等も加味した総合評価”No1”こそ、真のNo1だと思いますのでそこはキャストしてみないと分からないですね。

 

 

ともあれ

 

まだまだ発展途上にある18バンタムフロッグ(仮)ですので、今後どのような変化があるか楽しみです。

フロッグはやはり好きなので。

もしかしたら、私の不安をあっさり払拭するとんでもないフロッグが生まれるかもしれません。

 

期待しながら続報を待ちたいと思います。

 

それでは!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です