【Scorpionシリーズ】NEW GENERATIONSで構築する3タックル。

スポンサーリンク

世に出た、スコーピオンと名のつくリール。

ここ最近は新たな世代が台頭してきております。

その新たな世代は個性のある3機。

ふと思ったのは、この3機を揃えてしまえばある程度幅のある釣りができるのではないか?ということでした。

 

 

NEW GENERATIONS

 

本日もご覧いただきありがとうございます!

Ryoです。

 

先日、17スコDCのインプレを書いた際にも申しましたが、ここ最近スコーピオンシリーズの若手の台頭が著しいです。

 

それが、

16スコーピオン

17スコーピオンBFS

17スコーピオンDC

 

です。

 

私はこの3機で構成されるタックルをNEW GENERATIONS from Scorpion Tribeと称することにしました。

(ピンとくる人はいますでしょうか?笑)

 

 

考えるほど

 

各々の得意とする分野が明確に分かれていて、考えれば考えるほど、面白いトリオなんです。

もしこれから私が本格的にバス釣りを始めるとなった時に、とりあえずこの3機を揃えておけば十分じゃないのか、と思えるくらいです。

 

 

ロッドは

 

しつこいくらいにZODIASです。笑

ZODIASとスコーピオンの組み合わせだと、この3タックルを揃えるのが難しくなさそうに思えるんですよね。

さすがのコストパフォーマンスです。

 

それではNEW GENERATIONS from  S corpion T rib eのメンバーを紹介していきましょう。

 

今記事は、自身の使用感を元にした、完全妄想記事です。陸っぱりでも、ボートでも使えることを想定してます。

 

 

17スコDC

パワーパフォーマー。

ロングキャストなら任せとけ。

沖のピンは俺の庭。

17スコーピオンDC×ZODIAS 170M-G

ラインはナイロン14lb。

 

トップウォーター、ビッグベイト等を背負う。

搭載されたiDC5でストレスなく、ルアーをロングキャストできます。

グラスロッドというのもポイントで、ルアーの重みをしっかり乗せてキャストが可能です。

個人的にグラスロッドが好きなので。ZODIASの中でも”短すぎず、長すぎず”かつ”適度な硬さ”である170M-Gをチョイスしました。

遅れ気味に合わせられるので、落ち着いてフッキングできます。

 

 

16スコーピオン

[ SHIMANO HPより ]

バーサタイルパフォーマー。

軽すぎず、重すぎない…そんなルアーやリグをそつなく扱かう。

16スコーピオン×ZODIAS 166M

ラインはフロロ12〜14lb。

 

まず私が用意しなさそうな、バーサタイルなタックル。笑

ただ3本という制限の中では、かなり重要な立ち位置にあるタックルといえます。

3/8ozクラスのウェイトがメインかな。

ほんとは1610サイズでもいいかなと思ったんですけど、ボート上だとあまり長すぎが好みでないので。笑

テーパーがMなのも、ほんと中間って感じのチョイス。

166ML-Gでも良かったんですけど、このタックルで高比重ワームのノーシンカーやシャッドテール系のワームも投げることを考えると、グラスの柔らかさがマイナスに働くのかな?と考えたのでMにしてみました。

でもMHでもいいかもしれません。

 

 

17スコーピオンBFS

ライトアクションパフォーマー。

繊細なアクションを必要とするリグやスモラバを投入する際に。

17スコーピオンBFS×ZODIAS 168L-BFS

 

スモールプラグの巻きにも十分対応できます。

軽めのプラグ、リグを扱かうならこいつ。

ただロッドは166MLでもいいかなと思っています。

Lはライトリグをアクションさせる時には重宝するのですが、いかんせんパワー不足で。

デカいバスがかかると主導権をバスに握られやすい印象です。

その分はリールの特性(ハイギア)等でカバーできる部分はあるので、使い手のフィールドを考慮したうえで選べばいいと思います。

 

7gのヘビダンとか、本当にちょうどいいですよ♪

 

 

どうでしょう?

 

挙げてみて思いましたが、まるでこんな細分化して使うことを想定していたかのように、上手く守備範囲がかぶってないですね。

この3本だけで、バスフィッシングのほとんどが出来ると思えちゃいます。

 

 

妄想

 

決して適当な妄想ではありません。笑

私はこの3機のうち、2台を所有しておりますので、使用感をもとにタックルを考えております。

どのリールも1台でも十分に活躍してくれると思いますが、3機揃えばさらに使う場面が割り振られる分、各々の特徴を生かした使用ができると思います。

 

 

まとめ

久しぶりに書いててワクワクしました。笑

 

ただの妄想でしたが、意外と実現可能な妄想だと思ったのは私だけでしょうか?

これからバス釣りを始める方いたら、おススメしてみようかな~。

 

それでは!!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です