【芦ノ湖】と【一碧湖】釣行。郷に入っては郷に従え?

スポンサーリンク

久しぶりに相模湖を飛び出して、心をウキウキさせて足を運んだのに。

想定外の展開に振り回された日曜日でした。

 

月曜日の疲れ

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

最近、月曜日の朝が一週間のうちで一番しんどくなっています。笑

ここ最近は暑さも体力を奪っていくわけで、家に帰るパタリとなってしまうのです…。

にしても昨日は本当に体も心も疲れました。

 

芦ノ湖イン

 

日曜日は芦ノ湖釣行を楽しむ予定でした。

今回は目当てのボート屋でエンジン船が借りられなかったので、エレキオンリーにしてエリアを絞って釣りをすることにしました。

で、山梨をAM2:00に出発して4時過ぎに芦ノ湖に到着。

 

 

桟橋がまだ開かなかったので、取り付けるエレキやバッテリーを準備をしているとボート屋の方2人が登場。

桟橋が開きマウントを取り付けていると何やら視線を感じる…。

 

その視線はモリタでした。

 

その視線はどこか悲しげでした。

どうやら私がボートセッティングを進めている最中に、ボート屋の方と話をしていたようなのですが、(3人乗りのボートを借りているにも関わらず)「2人で乗るなんて有り得ない」「芦ノ湖をなめるな」「なんでうちのボート屋に来るの?」とひたすら言われ続けていたようで。汗

完全に心が折れてしまっているようでした。

 

ボート屋の方の1人は嫌々ながらも出船してもいいような雰囲気を出してくれましたが、もう1人は「なんで?なんで?」の繰り返し。

会話の中で前日エレキオンリーで出船し帰ってこれなくなった方がいた?みたいな話を聞かされたり、この1年で店のボートを何隻も沈められたという話を聞かされたり…

ボート屋の方も被害者と言えば被害者ですし、危険を察知してボートの出船を見送らせようとしたのだろうと渋々モリタと言い聞かせて納得しましたが、

 

「なんでうちのボート屋に来るの?」はないだろ、と。

 

 

確かに遊覧船の引き波や風が強いのは重々承知しています。だからこそ無茶をしないようにエリアを絞り、移動距離を抑えて前回できなかったような丁寧な釣りをしようと思っていたのに。

何日も前から楽しみにしていて、色々と調べてワクワクした気持ちでやってきたのに「なんで来るの?」って言われたらもう萎えますよ。笑

これが今回の一番のガッカリポイント。こんなことを言われてまで、ここで釣りをしたくないと思うのは変ですかね?

 

やっぱり芦ノ湖はエンジン船じゃなきゃダメなんですかな~。

そんなことをモリタと話したのでした。

 

AM5:00

 

すでに途方に暮れる。笑

河口湖行く?山中湖?西湖?色々と議論を重ねた結果、静岡は伊東市にある【一碧湖】に行こうということになり、そのまま車を走らせました。

 

手漕ぎオンリー

 

スポンサーリンク

 

一碧湖は手漕ぎボートスタイルでしか、ボート釣行ができません。

モリタと私がそれぞれボートを借りて出船しました。

 

出船直後から、壁際でボイルが起こり「これは楽しみだぞ?」なんて思っていたのがピークでしたかね。

 

つおい風

 

手漕ぎスタイルの天敵、爆風。泣

 

 

私はそれでも活路を見出そうと、風で流れができやすいエリアの魚が溜まりそうな場所を探し、ジグヘッドワッキーを漂わせてみてもあるのは無限のギルバイト。笑

暑さもピークに達し、すでに疲れもピーク。

正午過ぎに納竿したのでした…。

 

天は見放さない?

 

このまま帰るのもつまらないということで、沼津経由で釣り具屋を巡ると奇跡的に【メガポンパドール】をゲット。

しかもカラーは人気のブラック。

 

 

これはラッキーだったかな…。

 

薄い内容

 

前半はほぼ愚痴になってしまいましたね、すいません。。。

でも文章にしてみてスッキリしました。笑

心配してTELをくださった方や連絡をくださった方もご迷惑をおかけしました。

気を取り直して今週末に控えている日相カップに全力を注ぎます!

 

それでは!!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です