さらに【ライブスコープ】を分かりやすく知る。アングリングバス12月号がおススメ!

スポンサーリンク

先日当ブログでも紹介したGARMIN・【ライブスコープ】。

より分かりやすく、まとめられている記事がアングリングバス12月号に掲載されているのでご紹介です。

 

関心高い?

Welcome to KAWAZZSTYLE!!

管理人のRyoです。

 

やはりというべきなのでしょうか?先日のGARMIN【ライブスコープ】は関心がかなり高かったようですね。性能や凄さは何となく分かるんだけれども実際はどうなのよ?と思っている方に少しはイメージしやすくなったのではないでしょうか。

ハイテク魚探、新時代に突入。GARMIN【ライブスコープ】の衝撃を体験しました。

2018.12.09

とはいえ、こちらの記事は基本的に現場での写真がベースであり、見にくい部分があるのも事実。そこでさらに分かりやすく知りたい!という方にお勧めなのがアングリングバス12月号の”最新魚探がすごすぎる!”という記事です。

 

ガーミンとハミン

約10ページの記事の中でガーミン編(佐々プロ)とハミンバード編(茂手木プロ)で構成されています。ガーミンの方が多めに特集されています。

内容に多くは触れられませんが、ガーミンに関して言えばライブスコープ:サイドビュー=6:4の構成であくまでメインはライブスコープに関する記事が多いです。ちなみにサイドビューに関する文章や画も掲載されているので、今から魚探を買おうと思っている方も一度読んでおくとイメージしやすいかもしれません。(写真は全てアングリングバス12月号より)

スポンサーリンク

気になる方はぜひご一読してみてはいかがでしょうか?

それでは!!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です