かなりドS?【アングリングバス】のリミットメイク駅伝。

スポンサーリンク

GARMINに関する記事が読みたくて、初めてアングリングバスを購入しました。

その中に結構ドSなんじゃないか?という企画がありました。

 

読んでみた

Welcome to KAWAZZSTYLE!!

管理人のRyoです。

昨日初めて茨城県に行きました。茨城といえば霞ヶ浦…なのですが、今回は釣りではなく友人の結婚式でした。

山梨から電車を乗り継いで3時間ほど。この時間を有効に使おう!ということで、まともに読めていなかったアングリングバスを読むことに。

 

 

リミットメイク駅伝

スポンサーリンク

黒田健史プロ、佐々一真プロ、早野剛史プロが陸っぱりで釣果をつないでいくという企画。

6回連載があるため、各々のプロが2回チャンスがあるのですが、1回ごとに釣らなければならないウェイトが…エグい。笑

6回連載終了時に34188gを越えていなければならないので、1回ごとの平均ウェイトは最低5698gを釣らないとならないわけです。

 

匹数制限なし

 

リミットがないので、数釣ることも可能ですし、1発デカイのを狙うのもあり。

記念すべき第1回は2018JBTOP50A.O.Yである早野剛史プロ。

舞台は北浦水系ですが、なかなか厳しい展開だったようです。

 

初冬はどうなる?

連載企画なので、初冬の釣果を担当するプロが必然的に出て来るわけですが、5kg越えってとんでもないですよね。

次は佐々プロの出番のようですのでどのような展開、釣果になるのか楽しみです。

(フィールドもおそらく変わると思いますが…)

*画像は全てアングリングバス12月号より。

 

それでは!

Thank you for reading!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です