【BMS AZAYAKA】安く買うならば、アマゾンがおススメです(2019/9/3現在)

スポンサーリンク

週末の津久井湖戦に向けて、少しずつ準備を進めています。

トーナメントに多く参加させてもらうようになってから、ラインはできるだけ巻き替えるようにしているのですが、その中でも【BMS AZAYAKA】はちょっと尻込みしてしまう自分がいたりします。笑

 

使用ライン

 

世には多くのラインメーカーがあり、一長一短を兼ね備えた製品が多くありますよね。

私も色々と使ってきた…わけではありませんが、なんとなく使うラインは固定化されつつあります。

主には以下のライン。()内は使用目的。

BMS AZAYAKA[サンライン] 各ポンド(巻もの、撃ちもの全般)

ピットブルX4[シマノ](トップ系。1号以下を使用することが多い。)

ルアーPE[東レ](フロッグ)

スーパーエクスワイヤーX4[DUEL](色アリを使用してのドラッキング)

 

実売が高い

 

【BMS AZAYAKA】はポンド数でいくらか変化しますが、75m巻きでお値段が¥2000前後ということで結構なプライス。

それでもなお使用しているのは理由があるのですが、それは下記をご参照ください(*^-^*)

【BMS AZAYAKA】 使用感を元に6つのメリットを再確認してみたよ!

2018.04.24

 

週末に向けて釣り具屋に足を運ぶものの、¥2000もすることにいくらか躊躇してしまうワタシ。

スポンサーリンク

勘違いしていただきたくないのは、比較対象がなければ高いのかは気にしなかったであろうということ。

つまり、店舗で購入するよりも安く手に入れられることを知っているので、購入に躊躇するのです。

 

アマゾンが安い

 

以前も購入したことがあるのですが、アマゾンでは通常の価格の3割引き程度で購入できたんです。

しかもその太っ腹な金額設定は未だ続いているというわけです。

そりゃあ、通販で買いますわッ。ということでポチっておきました。

【BMS AZAYAKA】を使ってみたいけど、値段がなぁ…と思っている方はネットで安く購入して試してみるのも良いかもしれませんよ。

 

メタル系での中層攻略など、レンジがキーになる釣り方ではかなり重宝すると思います。

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です