【PEライン】3.5号という希少な番手が市場に少なすぎるという話。笑

スポンサーリンク

SLX MGL LEFTモデルがついに手元に届きました。

月末には使えるかな?と思っていた矢先の入手で驚いていますがテンションMAX。

さてラインを巻きますか…と思いきや、いざ巻こうと思ったら欲しい号数がない!??

 

3連休

 

Welcome to KAWAZZSTYLE!!

管理人のRyoです。

 

久しぶりにゆったりとした朝を送っております。3連休は短時間でも浮こうと考えておりましたが、今日は諸事情により断念。

明日、明後日と楽しむために今日はしっかりと準備をしたいと思います。

 

3.5号という希少号数

 

さてSLX MGLのLEFTハンドルモデルが手に入りました。

このリールを待ち望んだのは以前にも書いたようにコンパクトフロッグを快適にキャストしたいため。

リーダーを多用してフロッグオンリーリールにしないようにしますが、そうはいってもPEは巻いておきたいところ。

ラインキャパなどを考慮して3.5号のPEラインを巻こうと考えたのですが売り場に全然見つからない!汗

私の知る限り

 

バス用でラインナップされているのは2種類。(私が知る限りです。笑)

それがシューター ステューター(サンライン)とフロッグデュランサー(ダイワ)。

スポンサーリンク

 

それぞれイヨケンさんとウッチーさんが監修?とのことで、妙に納得。二人に共通して言えるのはフロッグ。

3号、4号は多く見かける市場において、3.5号という中間をとってきたのは、それが必要であるという結論に至ったからだと思うのですが(あくまで推論)

こだわりを感じる号数ですね(*^-^*)

とりあえず

 

昨日は甲府にある釣り具屋さんを巡るも売り場には両方ともなし!
(ネットで買えばいいのですが、実店舗巡りが好きでして( *´艸`))

実は先週の相模湖釣行でステューター(3.5号)を別リールに巻いていたのですが、気を抜いていたら見事に再起不能のバックラッシュ!!泣

 

とはいえ頼れるのはこのラインなので使える部分をとりあえず引っ張り出してみたいと思います。笑

 

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です