ルアー3個買うのを我慢しても、購入する価値のあるタンブラー…の例。

スポンサーリンク

昨日、2月4日は立春でした。

立春を越えると、少しずつ暖かくなっていくようですが、明日は大寒波が来るとか。汗

年が明けてからは毎週湖上に浮いていますが、今年はしっかりとした防寒アイテムを導入しているので、寒さを感じてはいますが苦になるほどではない、というのが正直なところです。(ぶっちゃけ暖冬に助けられてるだけかもしれませんけど。笑)

 

温かい飲み物を

 

とはいえ防寒具だけで寒さをしのげるわけではなく、ボートの上でしっかりと温かい飲み物を口にするようにしています。

そのため、初めのうちは夏にも使用していた水筒を持ち込んでいました。

これは園児のやつですけど。

 

ただ持ち込んでみて、実際積極的に水分補給していたかと言われると…そうでもなかったです。

朝、温かい状態で持っていっても、昼前にはかなりぬるくなってまして。結局、自販機でも購入するという超無意味な行動に出たことも。汗

たっぷり入れてもほとんど中身を残して家に帰ってくるという意味のないことを繰り返してしまったので、その経験を踏まえて1月半ばからは保温力が高く、内容量も少なめのタンブラーを購入して使っています。

 

スタンレー マウンテンシリーズ 真空スイッチバッグ 0.35Ⅼ

 

ここ最近のお気に入りで、釣りにはもちろん職場にも持っていってます( *´艸`)

スポンサーリンク

0.35Ⅼという量が、実にちょーどいいんですよ。

ガツガツ水分補給をしたいわけでもなく、のどを潤す程度の水分が欲しいという、今の私には本当にピッタリだと思います。

 

スタンレーと言えば100年の歴史を越える老舗メーカー。

保温性も申し分なく、温かい飲み物ならば5時間ほどは暖かさをキープしてくれます。

湖上で飲んだ瞬間に、「ホッ♡」とする温かさです。笑

 

造りも頑丈なので、アウトドアでガサツに扱っても気にならないってのも個人的には気に入っています。

 

ちゃんとしたものがいい

 

タンブラー自体はこれまでもいくつか湖上に持っていきましたが、置き場に気を使ったり、ちょっとして水漏れが気になったり、保温性が保てなかったり…ととりあえずなんでもいいや程度の値段で購入したもの使っていましたが。

私はボート上で使用することを前提に、なるべく釣りに集中できるような造りや機能を改めて求めました。

今回私が購入したものは¥3500で、それが高いか安いのかは比較できません。ただこれまで購入したタンブラーや水筒の中では間違いなく一番高いです。笑

それでも造りがしっかりしていることから、結果的にデイリーユースしてますし、すでに元は取れているくらいの活躍っぷりです。

ルアー3個我慢しても、購入する価値はあるように思います。

 

メーカーは好きなメーカーでいいと思います。

要するに、きちんとした造りのアイテムで温かい飲み物を飲むことも実は防寒対策、ということを伝えたかったのです。

冬が終わっても出番は十分ありそうだな~。

 

 

黒田プロが確かこれを使っていたような…↓

 

それでは!

Thank you for reading!

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です