【ZODIAS】260ML-Gを実践投入してみてのインプレです。

スポンサーリンク

期待の新人、【ZODIAS 260ML-G】を手に入れました。

今年、一部で旋風を巻き起こしそうな予感のする”グラススピニングロッド”。

低価格でありながら、その性能はどれだけ発揮されているのか?

早速インプレをしていきたいと思います。

 

 

期待の新人

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

今回は【ZODIAS 260ML-G】のインプレになります!

 

 

 

スペック

 

まずは改めてスペックから確認します。

ZODIAS 260ML-G

〇全長:6フィート(1.83cm)  〇自重:97g

〇適合ルアーウェイト:4~12g

(クランクベイト1.5mクラスまで。バイブレーション、ミノー、シャッド、トップウォーターetc…)

〇適合ライン:5~10lb   〇グリップ長:20.3cm

〇テーパー:レギュラー

〇本体価格:¥17500

身近なタフフィールドの攻略を見据えたグラスコンポジットスピニングロッド。爽快なキャストフィールに加え、小型クランクベイトの微かな振動もティップを通して伝達します。

小型ハードプラグに適応するMLパワー。キャストの難しい軽量ルアーをストレスなくキャストし、ルアーの動きを存分に引き出すグラスコンポジットのスピニング。操作性に優れ、軽量が持ち味の60レングス。オカッパリやボートを問わず活躍します。

(SHIMANOカタログより)

 

 

実売価格

 

¥14500に税が入り、¥15660でした。

この値段で買えるとは…改めてZODIASは偉大です。

勢いで158L-2も買っちゃおうかと思いましたが、納品されてませんでした。笑

 

組み合わせたリール

 

リールは12アルテグラ2000HGS。

ラインはルアーPE 1号(東レ)です。

キャストを試したルアー

 

attetion

このインプレ時はPE1号での使用のため飛距離がそこまで出なかったようでした。

0.4号に変えた際は倍近く飛距離が伸びたので、そちらの使用をおススメします。

 

【グラススピン×PE】の持つ、私がまだ感じていないポテンシャルとは?

2018.03.19

(一部投げてないルアーも入り込んでますので。笑)

①C.C プレデター(エバーグリーン)

ウェイト:7.5g  飛距離:12mほど

潜行がMAX3mのルアーですが、ストレスなく巻けました。

 

②チャビーペンシル(ジャッカル)

ウェイト:3.1g  飛距離:13mほど

軽いルアーでしたが、ロッドにウェイトを乗せて飛ばせました。

ドッグウォークもメリハリのある動きでした。

 

③セイラミノー70S(ジャッカル)

ウェイト:3.5g  飛距離:12mほど

スポンサーリンク

こちらも軽いルアー代表。しっかり飛ばせました。

④パブロシャッド(シマノ)

ウェイト:6g  飛距離:13mほど

モリタが「軽いルアーがそんなに飛ぶの?」と思わず言ったくらいですから、飛んでるんだと思います。

トゥイッチは思ったより強くアクションを出せました。

 

⑤D-チップ(開発クランク)

ウェイト:10g  飛距離:12mほど

このロッドで初めて投げたルアーの中では一番重い。

軽くロッドがしなり、キャストもその反動を利用して行うといった感じでした。

 

概ね軽いルアーがよく飛ばせる、という印象です。

今までベイトフィネスで投げていたルアーをカバーしてくれるのは助かりますね。

 

 

60レングス

 

ロッドが6フィートという短さなので、ボート上の取り回しはストレスがありません。

試した日はバックにモリタが乗っていましたが、オーバーヘッドキャストをするのにも気をつかわずに済みました。

また、ワンハンドでキャストするにも楽で、バックハンドでのキャストも楽でした。

 

そしてグラスロッドでありながらの脅威の軽さで、1日使っても疲れなかった。

疲れ知らずは、キャスト回数が増え=バスとのコンタクト回数を維持することと同意です。

その点を踏まえると、巻きものには持ってこいのロッドだと思いました。

 

ロッドパワー

この日はバスは釣れませんでしたが、スレでヘラブナを釣りました。

 

かかった瞬間、グラスのダルさでしっかりフナの皮膚にひっかかり、それを早巻きでフッキングに持ち込んでいました。

魚があまりにも上下するので、完全に大物をとらえたような気分でいました。笑

 

ですが結局はフナ。フックがきれいに胴体に刺さってしまっていたので、外してやる必要がありました。

そう思ってフナを引き寄せますが、そのやり取りがとても楽でした。

ネットですくおうとした際には、ボートの近くでフナに急激に潜られましたが、ロッドを立てたままでもやり取りができました。

イメージではフナ師のロッドと思ってもらってもいいと思います。笑

それぐらいファイトに余裕がありました。

フナのパワーを上手にいなしてくれる感じ。

グラスのダルさがしっかりと働いてくれた証拠といっても良いと思います。

これがバスだったらなお良かったですが。笑

 

まとめ

 

期待の新人、260ML-G。

フィッシングショーで現物を触ってきてはいましたが、実践で投入してこそ本当の力が発揮される…。

印象は今のところ100点満点で、この値段でこのクオリティであれば文句はない。

グラススピニングを始めるには十分すぎるぐらいの価値のあるロッドになっていると思います。

今回見事、新たに私のタックルに仲間入りしてくれましたが、今後も使うのがおおいに楽しみなロッドです。

 

それでは!!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です