【津久井湖】中流域メイン。ネコリグで楽しんだタンデム釣行。

スポンサーリンク

ここのところ定期的に津久井湖に来ておりましたが…未だバスはゲットできておらず。汗

ウワサによるとレギュラーサイズのバスちゃんたちも釣れ始めているとのことなので、今日こそは…。

*5/15(土)の釣行記になります。

タンデムジンクス

この日は八王子のアベさんとのタンデムでした。アベさんは来月チャプターが控えているので、そのお手伝いも兼ねてでした。

なんでもアベさん、ここのところデコ記録が続いているとのことで、「ならばその記録を止めましょうよ」と私が名乗りを上げました。

これまでもアベさんとタンデムすると、何か起きてきたんですよね。今までデコったことないはず…。

この日もそんなことを話しながら、津久井観光さんから出船しました。

中流域メイン

結果的にそうなってしまったのですが、この日は中流域(私の中で大沢ワンド~三井大橋)がメインでした。

昨年末は下流域、そしてここ最近はずーっと上流しかやってなかったので、やりたかったんですよね~。

私はバックシートで縦ストに浮いてるであろうアフター系のバスを狙うつもりで、セビレやポップXなどでスタートしました。

中流域とか言ってて、橋をくぐってました。笑

…でも、全然表層に魚の気配を感じない。というか、減水しすぎてバスが浮いてきそうなシチューエーションを見つけられない。汗

さらにはこの日は少しずつ風も強くなり、風裏でないとまともに釣り出来ないくらいで、早くも追い込まれてしまいました。

岩盤じゃね?

風を避けるために通称3番~日赤下にエントリー。

岩盤に立ち木が絡むエリアだし、風もほぼ当たっていなかったので、これならバス浮きそうじゃん!ということでヴェイン8インチのネコリグをキャスト。(セビレじゃないんかい!)

するとすぐに反応があって、ワームが持っていかれたのですがフックアウト。

「あ、いるじゃん!」ってことで、ここからは2人でネコリグタイム。

するとアベ船長がどんどん釣っていくわけですよ。

「え、これ喰ってるよね?なぁ、喰ってるよな?」とおそるおそるフッキングする船長でした。笑

そんなやり取りしてたらこの日の最大魚にフックを伸ばされバレるという悔しい場面も。

私もあやかりたい!

その後はこの日の最大魚もキャッチし、ジンクスはやはりあるということが証明されまして。

お役御免ということで、そろそろ私も釣りたいぞ~というわけです。

バイトの出方から、岩盤の際(水深およそ6m)に落として誘ってくると反応があったので、フォール→シェイクを1m以内まで、を繰り返してテンポよく釣っていくとすぐに答えが返ってきました。

私は親の仇と言わんばかりのフッキングをかましてやりましたよ。笑

1匹目はドライブクローラー4インチのネコリグだったのですが、「YOU、これ使っちゃいなよ」と渡されたのはフォールクローラー5インチ(エンジン)。

アベさんはこの日、ネコリグのバスはすべてこれでキャッチしていました。

ミラージュスティックのDSでも!

するとすぐに釣れちゃったのは言うまでもありません。

帰りに矢口釣具店によって買ったことも言うまでもありません。(矢口さんでは只今、エンジンのワーム商品が3パックで¥1000という破格のセールやってました。ライクもありました。)

その後も…

そんなこんなで、久しぶりのアベさんとのタンデムは船中7匹で終えたのでした。

まとめ

数釣っていく中でサイズが混ざることもあるのかな?って感じでしたが、30cmほどのバスちゃんたちが本格的に元気に遊んでくれ始めています。

昨年の夏は津久井湖めちゃめちゃ釣れていましたし、今年もその雰囲気を感じさせます。

これで水が増えたら、さらに楽しくなるんだろうな…なんて想像してしまいますね。

次はいつ行きましょうかね~。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です