専用機として購入しやすい、ゾディアス&エクスプライドシリーズ。

スポンサーリンク

週末は3連休でしたが、今日は釣りをお休みにして道具の片づけをしておりました。

作業をしていながらタックルを眺めていると、「そういえば…」と4年前に書いたゾディアスの記事のことを思い出しました。

【ZODIAS】低価格帯ロッドシリーズの1つ。私が主力で使う5本を紹介。

2017-08-13

4年前のタックル事情と現在のタックル事情を比べると、ゾディアスをメイン機として使っている部分は変わりません。

逆に4年前と違うのは、ゾディアスに加えてエクスプライドも使っているということですね。

ナショナルチーム

以前、昨年千代田野郎の年間優勝者のテルさんと一緒に釣りをさせてもらった時にお互いのタックルの話になりました。

私がゾディアスやエクスプライドというシリーズの中で使う番手を選んでいくのに対して、テルさんはそれぞれのリグやルアー用途にあった番手をメーカーを縛らずに選んで使うというスタイル。

サッカーで表現するのであれば、私はナショナルチーム(国代表)、テルさんはクラブチーム(昔のレアルみたいな銀河系集団)といった感じです。

(ちなみにこの表現、結構気に入ってます。笑)

個人的にロッドの選び方、使う楽しみ方は人それぞれだと思うので、どちらもアリですよね。

4年前も今もナショナルチーム的使い方は変わらない私ですが、多分、4年前だったらゾディアスだけで全て何とかしようとしていたと思います。

ジグロッドを持っていない

先週末、昨年の千代田野郎でフットボールジグをメインにした釣りで入賞されたシブヤさんに同船していただく機会がありまして、ジグに関することを色々と質問しながら釣りをさせてもらったんですね。

スポンサーリンク

で、そこで明らかになったのが私はジグロッドを持っていなかったということでした。汗

(正確には持っていたつもりだった、かな)

ジグロッドのテイストの好みは人それぞれだと思うんですが、私のタックルの中で”ジグを投げるならこのロッドだなぁ”と思っていたロッドと、シブヤさんが使っているロッドがあまりにも違い過ぎて衝撃でした。

私が使っていたロッドがエクスプライド168MH(カスタム仕様)に対して、シブヤさんはWSC610MH/TZ(レジットデザイン)。シブヤさんのロッドはもはや棒と言ってもいいくらいガチガチのパワーで、自分の使っているロッドがジグを使う場合にはかなり軟らかい(ティップが入り過ぎる)ということが分かりました。

そうすると、新たにジグ用ロッドが欲しくなっちゃうわけです。笑

新メンバー追加

ということで、早速ジグ用ロッドとして新メンバーを追加しました。

ゾディアスorエクスプライドという括りの中だったので、ほぼ一択でエクスプライド169Hでした。

ゾディアスやエクスプライドを調べる中で避けては通れないあの方が、ジグロッドはこれ一択と言っていたので。笑

そして、こういう時にゾディアスorエクスプライドが強いなと思うのは、とりあえず買ってみようと思える値段設定であるということ。

2万円後半だったらちょっと躊躇したと思うのですが今回は即決できました。持っていない守備範囲のロッドだったというのが一番大きい要因ですが。

(来年モデルチェンジしそうな雰囲気ですけどね。笑)

4年前と変わりません。やっぱりゾディアスやエクスプライドは専用機を作りやすいですね。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です