NEW TACKLE。懲りずに【ZODIAS】と【Scorpion】の組み合わせだよ!

スポンサーリンク

あえて懐に入り込み、確実にルアーを送り、バスを狩る。

カワズTackleに、他タックルとは一線を画す、新しいタックルセットが仲間入りしました。

 

クリスマス会

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

明日はいよいよ園のクリスマス会です。

子どもたち、サンタさんが来るのをとーっても楽しみにしながら練習を頑張ってました。笑

こういう行事を通して思うのは、子どもって本当に未知の可能性を秘めているな、ということです。

明日は私もピアノを弾くし、足を引っ張らないようにしないと。汗

 

NEWタックル

今年は例年に無く、タックルが増えてます。笑

 

やっぱりZODIASとScorpionという組み合わせは、気軽にタックルを増やせる低価格コンビだと思います。

今回も例外なく、ZODIAS×Scorpionのコンビです。

ROD:ZODIAS 158ML-2

REEL:ScorpionXT 1001

Spool:夢屋ベイトフィネススプール32mm

LINE:BMS AZAYAKA 8lb(予定)

 

フロッグ専用タックル「KAWAZZ」みたいに名前もつけたいのですが、いまのところピンとくるものがないです。笑

 

このタックルはリザーバーなどで見られるオーバーハングをはじめ、狙ったカバーのピンポイントに確実にルアーを送り込めるようにするのが狙い。

メインにキャストするルアーはスモールクランク、シャッド、ミノーなどの予定です。

 

手持ちのタックルには困難なショートディスタンスでのショートキャスト、しかもピンポイントキャスト。

こいつにしかできない、”ショート×ショート”というジャンルに特化した専用機となります。

 

リールは中古

いまさらこのリールを新品では買いません。笑

スポンサーリンク

発売されたのは2010年ですね。

中古で探しましたが、なかなかめぐり合わなかったり、タイミングが悪かったり。

今回は¥8000で購入できました。

 

このリール自体は昨年末まで所有していましたが、まさかの12/30に千代田湖に奉納してしまいまして。泣

約1年ぶりに戻ってきてくれました。

 

 

やっぱ好き

 

このスコーピオンXT1001。私はベイトフィネス機として結構優秀なリールだと思っています。

私はスプールを代えて使う予定ですが、標準装備のスプールでもベイトフィネスとして全然使えるんです。

でも決してベイトフィネス特化ではないので、糸巻き量も確保でき、巻きにも使えます。

なので、シャロースプールを購入するのかも悩みましたが、黄色いお店で¥3500で売っていたのを見つけ購入してしまいました。

パーミングも右手でちょうど包み込めるサイズ感。

サミングも、スプール幅が私の親指幅と一致しているので、やりやすい。

やっぱコイツだなと思えるリールです。

 

ロッドは新品

5ftロッドってホントに需要が無いんですかね。

購入する前に持って感触を確かめたかったのですが、店頭にまったく置いてない。泣

”おそらく大丈夫だろう”と半ば強引に、158ML-2(ワンアンドハーフ)という番手を購入しました。

 

ホントにMLか?

まず長さに関しては文句なし。

 

日曜日相模湖に浮きますが、ボート上で快適に取り回しよく扱える予感です。

 

ただ硬さには少し驚きました。

今回MLにしたのはある程度の柔らかさを持たせ、ロッドにウェイトを持たせてキャストしやすくするためだったのですが、思っていたよりも硬い。

ロッドが短い分、詰まっているというか、感覚では所有している160MHとおなじくらいの硬さに感じました。

 

このへんは実釣で使ってみないとわかりませんね。

 

まとめ

ショートロッドで切り開く、新たな世界。

 

明らかな役割を与えられたこのタックルに期待が膨らんでしまいます。

やっぱり私はバーサタイルではなく、その一点に特化したタックルを持っていたいタイプなんだなということがまた分かりました。笑

 

今回は小刀を購入しましたが、近いうちに大剣も携える予定です。

 

それでは!!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です