お久しぶりな【亀山湖】で秋修行。ジグストに自信をつけろ!

スポンサーリンク

週末は久しぶりに亀山湖に行ってきました。

千代田野郎のスーさんのプラクティスのお手伝いという名目だったのですが、私自身ハイシーズンに来るのは去年の釣りリアル研究所のオフ会以来。

【釣りリアル研究所】オフ会@亀山ダムに参加してきました!

2020-11-09

久しぶりの亀山かー…フロッグだな、と意気込んで乗り込んだ男の哀れな末路を、お時間ある方はお付き合いください。笑

1日目

今回はトキタボートさんで2日間お世話になりました。当初はボートハウス松下でレンタルする予定だったのですが、日曜日に大会があるとのことで断念。

本湖を中心に釣りをしていくプランだったこともあり、トキタさんにさせていただきました。

今回は私とスーさん、そして現在千代田野郎トップを走るコチさんとの3人釣行。

もちろん1つのボートに3人…ではなく、私単品とスーさん・コチさんペアでの出船でした。

もう帰りましょうか?

さて釣り開始と同時に、私はトキタボート対岸のカバーからスタート。

放射冷却や水温の低下から、比較的その影響を受けなさそうなエリアを選び、送り込めそうならフロッグを、ダメなら上からジカリグを落としながら進めていきました。

そして、まもなくシャワーブローズソフトシェルに激しいバイト。

バイトシーンも見えたし、割と落ち着いて合わせにいったんですが、すっぽ抜け。汗

フロッグのサイズが大きすぎたかな~ということで、すぐにミクラにチェンジ。しかしバイトはその後は続かず…。

少し流したところで、「さっきのバス、ネコリグ入れたら喰いそうだなー」とちょっと戻ってドラクロ3.5の0.9gネコリグをフォールさせているとあっさりと釣れてくれました。

35cmくらいですが、久しぶりの亀山バス!フロッグでサーチして、ライトリグで食わすという一連の流れが気持ちよかったので、すぐに3人のグループラインにルンルンで投稿していたら、

なんかささっと45アップ釣っちゃってるんですけど?

実はスーさん、この前にもささっとキーパークラスを2本立て続けに釣っていたようで、朝の1時間でリミットメイク。

もう帰りましょうか?な展開ですが、山梨から来たアングラーにすぐに微笑んでくれた亀山湖の懐の深さに感激し、「今日はたくさん釣るぞー!!」と一気に気合いが入ったという私でした。笑

裏目標

表向きではフロッグ縛りなつもりでしたが裏目標もありまして、フットボールジグでも釣りたいなぁと。

ということで岬を中心にダウンヒルで落としながら狙っていくが…いかんせん立ち木も多い。汗

表層への反応が薄れてるなぁ…という感覚もあったので、狙いを中層に切り替えることに。

遠征には必需品な紙マップをみながら、岬+立ち木があるエリアは…と目星をつけたのが押切沢。

この日は実は風が強くて、本湖はボートポジションの維持がきつくて、風の影響を受けなさそうな場所を探していたというのもあるんですが。笑

押切沢に入ってしばらくするとあるヘアピンカーブの岬にある立ち木近くにボートをステイさせて、フットボールを立ち木に当てるようにスイミングさせてると、ロッドアクションのリズムが崩れたわけです。

”ジグストで釣ったぞー”とはっきりと言えるバスは、これが初めてかも!?

だいぶバイトも遠のいていた中での1匹だったので、結構嬉しかったです( *´艸`)

その後夕マズメを迎え、シャローを巻き物で攻めるも…コチさんの方に反応があったようで。

スポンサーリンク

冷えた身体はラーメン西山家で癒し、1日目は終了でした。(家系好きのスーさん、コチさんも大満足。マナ君教えてくれてありがとう~)

2日目

この日は前日に比べてさらに放射冷却がきつく、加えて松下ボートの大会とつばきもとボートでのKDWカップもあるということで、人的プレッシャーもかなりありそうだなぁ…の出船。

2日目は昨日好調だったとのことで、笹川方面へ直行。

朝一はやっぱりフロッグ&カバー撃ちを敢行するも反応は全くなし。ゆっくりと丁寧に釣り進めている間に、続々と上流へ進んでいく他のアングラーのみなさん。

中流域?でグッと浅くなったところでボイルがあったとのことだったんですが、それを確認する間もなく、このエリアを見切りよりとも島周辺へ。

良い天気だなぁ…。

この筋の入り口の立ち木+シャローエリアにてライトリグでキャッチしている方を見たのですが、サイズが欲しているものではなく、これはもう強気で攻めきるしかない!と決め、再び本湖へ。

そうこうしているところで、スーコチ艇からもようやくキャッチ出来たとの連絡が。

この後も前日とはうってかわったタフっぷりを実感する時間が続きました。

再現してみた

思い出は巡りはいかんぜよ、けれどもそれがこの2日間のパターンだとしたら?

というわけで再び訪れたのは押切沢、のあの岬と立ち木。

昨日とまったく同じ釣り方をやってみたら、本当に釣れちゃうんだからビックリ。笑

限りなく大きく見せるように撮った30cmくらいのバス。笑

昨日と唯一違ったのは、サイズが落ちたこと。

このサイズがバイトしてきたってことは…何かが変わったのかなぁと思いながら、引き続き似たようなシチュエーションを攻めるもその後は反応なし。

そして何度も襲ってくる尿意と、アクアラインの圧倒的渋滞が待ち構えているというプレッシャーに負けて、少し早めに帰着となりました…。

2日間のまとめ

というわけで、久しぶりの亀山ということで楽しみにしていましたが、なかなか釣果は結び付かなかったですね。汗

ただ、ジグストで2日間ともバスをキャッチ出来たことは収穫でした。

これまでも何度かやってきたんですが、いかんせん反応がなくて、”合ってるのか間違ってるのか”がよく分からずで…。

ものすごく不器用な操作方法でも、バスが反応してくれるってのはやっぱり自信に繋がりますよね。

ちなみに使ったのはガンターオーバルBT(3/8oz)+MAXセントクリーチャーホッグでした!

帰り道は3人で、次は夏とかに来たいねぇ~なんて話をしながら、そしてスーさんの大会優勝を祈願しながら…でした。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です