ティムコの修理サービスを使って【サイトマスター】を直してもらった。

スポンサーリンク

釣りにおいて偏光グラスは必要不可欠なアイテムです。

まず第一に目を守るという役割。万が一フックが目に入ろうもんなら、それをガードしてくれます。

そして水中を見るため。バスの有無はもちろん、地形などを直接見て把握することができます。

もはや釣りをする際に”有って当たり前”の存在である偏光グラスが壊れてしまうと、なんだかリズムが崩れてしまいますよね。

実は昨年末によく使っていた【サイトマスター セプター】の右テンプルを折ってしまいました。

もともとこのセプターは左右の蝶番部分が欠けてしまっていて、なんとかごまかしながら使っていました。

でもテンプルを折ってしまったことで、いよいよサングラスとしての仕事が出来なくなってしまいまして…。

この時、いっそ新しいメーカーを試してみようとも思ったのですが、長年使ってきたセプターを見捨てるのは心苦しくなりました。

そこでティムコのカスタマーサービスを使って修理をお願いすることにしたのです。

納期は2週間~1ヶ月ほど

さて修理をお願いする流れですが、まずティムコのカスタマーサービスのページにいきます。

まずは電話をして、修理をお願いしようと思っているサイトマスターのモデルや状態を伝えます。

修理の対応ができないモデルや、パーツの在庫がない場合もあるので、必ず電話をしてみましょう。

修理の対応が可能と判断したら、カスタマーサービス宛に送ります。

修理品が相手方に届きますと電話があり、修理内容の確認、それに伴った金額が提示されます。

それらを了承した時点で、修理が始まります。なお修理費用は銀行振込になります。

修理にかかる期間は2週間~1ヶ月程度とのことです。

私が今回修理にかかった費用は、消費税込みで¥14300でした。

ノーズパッドの交換はサービスして下さいました。

偏光サングラスによっては新しいものを買える金額ですが、そこは掛け慣れたセプターを大切に扱っていくことにしました。

修理品が届いた

修理が完了すると、しっかりとした箱に入って届きます。

スポンサーリンク

一瞬、ビックリしましたが、修理前のフレームも同梱されていました。

セプター、しっかり生まれ変わりました( *´艸`)

しっかり直してもらったことで、なんだか愛着がわいてきました!

カスタマーサービスの対応も丁寧で素早い印象です。同じようにサイトマスターの修理を考えている人がいましたら、ぜひ利用してみることをおススメします。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です