【ロボ×ダウザー】2人の釣り対談を見たよ。最終回!

スポンサーリンク

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

今日で8月が終わりです。

8月らしからぬ涼しい1日でした、山梨は。

9月一発目の週末は釣りにいけませんが、みなさんのグッドフィッシュの報告を楽しみにしています。

 

最終回

さて、勝手に取り上げさせていただいておりました、奥田さんと秦さんの情熱対談。

今回が最終回となりました。

 

 

ナナマルを、そしてワールドレコードを狙うお二人の飽くなき挑戦心。

もう、すぐにでも釣ってしまいそうな気がしてしまいます。

 

ワールドレコード

もし、自分が釣れてしまったらどうしよう。笑

心臓バックバクになるんだろうな。

手が震えてバスを持つのもままならないんじゃないか。

デカすぎて少しおびえるかも。笑

結局、バス

お2人ともソルトゲームもやり、大きな魚をあげているそうです。

しかし、その全てはワールドレコードを手にするための糧にすぎない。

スポンサーリンク

 

他魚種をやることで見えてくることがあるといった秦さんと、

どんなにデカイ魚を海で釣ってみても、デカバスと対峙すれば関係ないという趣旨の奥田さんの発言が印象的でした。

 

そしてお2人とも言葉を揃えていおっしゃっていたのが、

バス釣りには終わりが無いということです。

 

 

まとめ

5回にわたって、お2人の情熱対談を拝見させてもらいました。

デカバスだけを求めて釣る人、トーナメントで勝ちたい人、とにかく数を釣りたい人、トップしか投げずに釣る人…

 

本当にバスフィッシングは多様であり、奥が深いですね。

今回はデカバスだけを求めるお2人でしたが、その姿勢に、心意気に、簡単に言葉では表すことのできないものを見た気がします。

 

次はどんなお2人の対談が見られるのでしょうか?

楽しみです!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です