【ケイテック】ラバージグ モデル1の素朴さが、私を虜にしている件。

スポンサーリンク

ラバージグってこれまであんまり使ってこなかったのですが。

最近、なぜか”使ってみたくなる”ジグに出会いました

 

得意、不得意

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

みなさんには得意なルアー、苦手なルアーってありますか?

あるいは食わず嫌い…使わず嫌いなルアーとか。

 

私にもいくつかあるのですが、その中でもラバージグ(スモラバは除く)はあまり使ってこなかったジャンルです。

 

釣りのスタイル?

 

人によってとらえ方が違うと思うのですが、私はジグ=ゆっくりな釣り、というイメージがこれまでは強く、じっとした釣りが出来なかった私は数投すると飽きてしまうことが多かったです。笑

「ジグは大型が狙える」と周囲にいくら言われても、なかなか手を出してきませんでした。

特にバス釣りを再開した頃は、”種類も多いし、釣れるイメージを持てない”とほとんど触ってこなかったかな。

 

釣りのテクニック

 

今思えば、ジグを使っている際に”ノー感じ”に陥っていたのでしょうね。

ボトムをきちんと感知できず、なにをしているかわからない。

さらにはスタックしやすく、それを強引に外そうとして根掛かる。

上手く外すテクニックも持ちあわせていなかったのかもしれません。

 

譲り受ける

 

そんな日々が続いていた中で昨年の長門川釣行の帰り道、一緒に車に乗っていたウサミくんとジグの話になり、彼のおススメのジグを譲り受けました。

それが【ケイテック】 ラバージグ モデル1でした。

 

 

ケイテック

 

私はケイテックと言われると…自分の小学生時代を思い出します。

ポークみたいなトレーラー、リトルスパイダー、チューブワームなどなど、その当時は父親もバス釣りにドはまりしていたので、いろいろ家にあったのを覚えています。

私にとっては、まことに失礼ながら、昔のメーカーというイメージでした。汗

 

そんな中、2017年に再びケイテックの製品を手にした瞬間思ったことは、「あれ?なんだこの気持ちは??」でした。

スポンサーリンク

 

美しい

 

 

ウサミくんから譲り受け、改めてこのジグを眺めていると、そのシンプルなデザインに美しさを覚えたのです。

ヘッド形状、フック、ラバースカート…見れば見るほどシンプルなんだけど、それが逆にかっこよく見える。

 

初めて心の底から”使ってみたい”という気持ちが湧いてきました。

 

最近のヘビロテ

 

その衝撃の出会い以降、ここ最近必ず釣行時にはキャストしています。

具体的には、タイプ1 (7g)+FGダディーの組み合わせで使っています。

 

レイダウンにひっかけて、ゆっくり引いてきたり、シャローカバーに撃っていったり…。

 

きわどいカバーやストラクチャーにキャストしていますが適度にスタックしつつうまく外せるので、今のところ重大事故には遭遇していません。

自分のロッドワークも多少進歩したとも思いたいですが、このジグの引っかかりにくさにも助けてもらっている部分はあると思います。

 

まとめ

 

最近はジグで水中を感知することを楽しんでいます。

ちょっと前の自分なら、見られなかった光景でしょうね。笑

 

普段使わず嫌いになっているルアーやワームがあるのであれば、釣れそう等よりも、まずは自分が使ってみたくなる1つを選んでみるのもありかもしれませんよね。

 

それでは!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です