シンカーの色は釣果に関わってくるのだろうか?

スポンサーリンク

そんなところ、バスは絶対見てないって~と私は思ってました。

でも振り返ると、意外と苦い経験をした思い出はいくつかありました。

 

精進湖

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

 

今日は午前中のみ精進湖に浮いてきました。

天気が怪しく、風はビュービュー・・・。

 

なーんにもなかったです。泣

 

カスタムシンカー

 

そういえば、久しぶりに新品のシンカーを、定価で買いました。

 

 

タングステン カスタムシンカー バレットシンカー ”カラー” (ジャッカル) 3.5g

4個で¥562。

うん…高いですね。笑

ただ、テキサス用のシンカーなので余程のことがない限りロストはしないだろうと思います。

 

これまでの買い物と違うのは、”カラー”ということで、色付きのシンカーであることです。

 

マットな質感

 

私も実際に手に取って見た時に「おや?」と思いましたが、カラーはTHEナチュラルの”グリパンカラー”ということです。

スポンサーリンク

(これが色ついてるってことなのか?と少し疑ってしまいました。笑)

 

カラーもそうなんですが、個人的には光沢を抑えたマットな質感も気に入りました。

手持ちのシンカーで比較

 

 

並べてみました。

派手さの順位付けをすれば、シルバー(鉛)→ガンメタ?(光沢)→グリパン(マット)という印象です。

 

黒く塗ればいいんでないの?

 

シルバー(鉛)のシンカーを黒く塗ればいいのではないか、と私も思いました。

でも水中の”黒”って良くも悪くも目立つイメージです。

グリパンに比べると、ナチュラルさに欠けるような気はします。

 

必ずしも

 

そしてシンカーが目立つことが、必ずしも悪いことではないとも思っています。

濃いブッシュの中にテキサスを入れていく時とかは、逆に見つけてもらいたいだろうし。

適材適所ってことですかね(上手くまとめてみたつもり。笑)

 

影響ある?

 

さて、シンカーのカラーが釣果に影響するのか?ということですが。

 

これまで何度も体験しているのですが、ダウンショットなどで誘っている時に、”シンカーにバイトしてくる”バスに何度も遭遇しています。

これってワームよりもシンカーが目立ってしまっているってことですよね。

 

ってことは、やはり影響あるのかな。

まぁ、そこばかりが原因じゃないだろうし、とらわれ過ぎてもダメな気がしますが。

 

まとめ

 

いよいよシンカーの色まで気にし始めてますよ、私。笑

シンカーの色で釣り比べられたら…なんて思いますが。

 

結果は気長にお待ちください。笑

 

それでは!!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です