シグナル【リザードクローラー】インプレ。我がタックルに降臨した最強羽根モノ。

スポンサーリンク

ようやくリザードクローラーを手に入れることができました!

わずか数回の試投で感じた、リザクロのポテンシャルとはなんなのでしょう…

 

ようやく

 

Welcome to KAWAZZSTYLE!!

管理人Ryoです。

 

ビッグクローラーベイトと言えば、奥田さん。

その奥田さんが作ったルアーが、リザードクローラー(シグナル)。

ついに私のタックルボックスにも降臨したわけですが、その秘めたるポテンシャルに完全にハマりつつあります。

 

スペック

 

スペック
長さ:110mm

重さ:2oz

価格:¥4300+税

今回わずかに実店舗に入荷した中で、ブラックスターを購入しました!

 

安く感じた

 

ここ最近、NZクローラーやデカダッジを購入していたからでしょうか?

リザクロがなんだか安く感じましたね。笑

「あぁ、¥4300なの?即購入でしょ!」ってあっさり買い物かごに入れた自分が怖い…。

でも山梨では結構レアなルアーだと思うので見つけたら買うくらいの気持ちでないと手に入らないんすよ…

 

この感覚はなんだ?

 

さて使ってみた感想としてですが…

「んん?!こ、これは…?」という印象。

なんだ、この、”これはヤバい感”。いつまでも巻いていたくなるような感覚。

着水時に羽根が開かずに泳ぎだすことは何度かありましたが、それ以上にキャストして巻いてくるたびに手元に伝わる”強さ”が私の心をとらえていました。

 

ボディ形状がもたらすもの

 

その強さというものが、リザードクローラーのボディ形状からくることは、奥田さんが出演している「RED SIGNAL」というDVDを見て分かりました。

スポンサーリンク

(リザクロを買ったその日、たまたま中古で見つけたので買うしかないだろ!と。笑)

 

リザクロは見てもらって分かる通り、ボディ以全体が平べったい形をしています。

その平べったいボディが巻いてくると水の中に潜行しようとする。

その潜行を阻止するのがウィングパーツで浮こうとする。

つまり、1つのルアーの中で2つの相反する力が働いており、それが結果的に強い水押しを成立させているわけで、業界一の水押しと言われる所以であるというわけです。

 

この”強さ”が巻いててものすごくクセになった部分で、おそらく私が1投目で感じた”これはヤバい”感だと思います。

 

ただ巻くだけで

 

これは私の感覚の話になるので、あまり参考にならないのかもしれませんが…。

これまでダッジ、アベンタ、メガポンパ、NZとキャストしてきて、私がこのアクションや音が個人的ベストじゃん?と思ったときのリーリングスピードってまぁまぁ遅いんです。

ですが、リザクロの場合は普段他の巻物を少しゆっくり巻くぐらいのスピードで自分の好きなアクションや音が出せている。

これをリザクロ以外の羽根モノでやろうとすると、少しアクションが破綻してしまうんですよね(個人的に好きなアクションが出せないという意味)。

なにが言いたいのかといいますと、リザクロはただ巻くだけで強い水押しも良いサウンドも出す事ができるルアーで、リーリングに関して言えばたいしたテクニックはいらないような気がします。

本当にただ巻くだけ。

ともすると、すぐ手元にルアーが戻ってきそうですが、そこは相反する力が働いているので。

巻いてみると分かりますが、リザクロにラインを引っ張られているような感覚になります。

 

向き合わねばなるまい

 

ともあれリザクロは個体差があるらしく、自分でチューンニングする必要がある場面もあるようで。

それをメリットとらえるかデメリットととらえるか。

リザクロと向き合わなければならないようです…。

 

まとめ

 

ずっと巻いていたくなる気持ちになったのは久しぶりです。

それくらいポテンシャルを感じたルアーでした。

 

これからの時期で一発出すのは根気がいりますが、来期に向けたベストチューンを見出すためにキャストし続けてみたいと思います。

 

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です