2016年モデルの【サイトマスター セプター】は2020年もしっかり使えるアイテムです。

スポンサーリンク

そういえば釣行時に使っている偏光グラス、【サイトマスター セプター(ブラック)】が4年目のシーズンになります。

手に入れたきっかけは古沢勝利プロの寒中トーナメントでのチャリティーオークションだったのですが、ちょうどその頃別の偏光グラスも購入していたので、天候で使い分けながらこれまで使用してきました。

ですが3年も経てばさすがにガタがきてまして、年末にお手入れをしました。

 

フレーム部分の破損

 

今年の秋頃使用していると、「パキッ」と嫌な音がしてたんですが、レンズが割れてるわけでもなくそのまま使用してました。

2度目の「パキッ」が聞こえた頃と同じくして、顔を下に向けるとやたらと偏光グラスがずり落ちてくる…。

原因はフレーム部分とテンプル部分をつなぐ箇所の破損でした。

 

これによってテンプル部分が大きく開いてしまい、頭部を挟み込むことができなくなり、スルスルと偏光グラスが落ちてきてしまっていたのでした。

比較すると分かりやすいですが、相当開いてますよね。汗

 

買い替えるか?とはいえ偏光グラスもいい値段のするアイテムです。一応ティムコさんでは修理も受け付けており、このセプターも修理対応可能のアイテムでした。

(ティムコHPより)

おそらくフレームの修理が必要だと思わるのですが¥10000の出費。こりゃちょっと高いぞ?ということで、100均のエポキシで厚みを持たせてみることに。

一瞬ニオイが気になるけど、何かと使えるアイテム。

 

気泡が残ってしまいましたがテンプル位置をしっかり戻せたので以前のように使用することができるようになりました!

一夜置いたらガッチガチになりました。笑

 

ノーズパッドが溶けてる

 

もう1つはノーズパッドの付け根が溶けて?いました。

とはいえ、実際にかけてみてもベトつくわけでもなく、「なんか汚いな」と思うだけで使用にはほぼ問題ないです。笑

もう少し劣化してきたら交換したいと思います(ノーズパッドは¥1600)。

 

このようにガタがきていた部分が二箇所あったのですが、逆に言うとそれ以外はまったく問題がない。

レンズはライトグレー/シルバーミラーですが、ガラスレンズであることに甘えて手入れなんてほぼしてないに等しいにもかかわらず傷は全くなくて、サイトマスターの造りの素晴らしさを改めて感じたのでした。

2020年もちゃんと使っていけるアイテムです!

 

それでは!

Thank you for reading!!

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です