今後の千代田湖のフィールド状況について。

スポンサーリンク

このブログのメインのコンテンツの1つである【千代田湖】というフィールドの情報。

千代田湖というワードが付いた記事は、他の記事よりも明らかにPV数が伸びるので、みなさん関心を持ってくださっているのだろうと思っています。

さて、4/24現在、同じ県内にあるフィールド(河口湖、西湖、精進湖)は、ボート屋が営業を自粛するなどの措置を取り始めています。河口湖などの県営駐車場も封鎖の措置を取り始めました。

山梨県内に限らず、千葉県の房総ダムは営業自粛、また琵琶湖周辺の市営駐車場が閉鎖されるなどの対応もとられています。

で、この流れが千代田湖にも来るのか?ということですが、現状ではそのような状況になることは考えにくいんですよね。千代田湖に通ってる方ならなんとなく分かると思います。

今年の千代田湖はほぼ例年通りに季節が進行していると思われます。

この時期、ボートアングラーはもちろん、一気に陸っぱりアングラーも増えます。

そして湖上はというと、これまたバサーに加えて、へら師の方も一気に増えます。

実際、東京都などに緊急事態宣言出されてから、週末に千代田湖に浮いていた際は明らかに県外ナンバーの方も増えていました。(ヘラかバサーかは分かりません)

3密を避けられるとされている釣りですが、いくらマイナーな湖であるとはいえ、湖の規模感に対しては結構な人が集まると思われます。県内フィールドが相次いで営業を自粛していることが、千代田湖に影響するかもしれません。

それでも仮に「千代田湖なら大丈夫だろう」という認識の方が、結果的に多く集まってしまう週末、そしてGWになればどうなってしまうのかは考えなければならないと思います。

千代田湖のボート屋さんの多くは高齢の方が営業されていますし、へら師の方もほとんどがご高齢です。さらには地域住民の方も不安に思うかもしれません。

その認識が自分だけでなく、他者を巻き込む可能性は十分にあり、日頃から楽しませてもらっているフィールドに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。高齢者が比較的多い千代田湖というフィールドでは万が一の際、最悪の場合も想像できます。

どのような行動をとるべきかは分かると思います。

またみんなで桟橋で、水辺で色々とダラダラと語り合える日を取り戻したいですね。

千代田湖自体に強い権限が発動されないであろうと思いましたので、千代田湖の情報をアップしている1人のアングラーとして発信させてもらいました。

これはあくまで私の意見です。賛否両論ありがとうございます。決して誰かを非難する気はないですし、呼んで下さった方が誰かを非難することもしないでくださいね。

それでは!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です