ショートロッドでフロッグはありか?

スポンサーリンク

 

フロッグ専用のロッドって、カバーから引きずり出したり、しっかりフッキングさせたりしないといけないので、強くて長いロッドでないといけないのかな?と思っています。

でも長めのロッドだと、キャストするにもカバーの奥へは入れにくいし、アクションもさせにくい。

じゃあショートロッドじゃだめなの?ってなりますよね。

 

 

レジットデザイン

 

みなさん。こんばんは!!

Ryoです。

いよいよフロッグをなんとなく集めることに止まらず、フロッグ専用のタックルも用意しようかと思っています。

でも上述したように、フロッグのロッド=長さもあり、硬さもあるロッドというイメージが個人的に先行するんですが、

いざボートに乗ってキャストしたり、アクションさせようとしたりすると、うまくいかないんです。

ならば、ショートロッドってどうなんだろうとなるわけです。

で、パッと思いつくのがレジットデザインのWSC65MH というフロッグゲーム専用モデルです。

 

ZODIAS縛り

レジットデザインのロッドでいいじゃん!!とならないのが、この私。

ロッドはZODIASオンリーをなるだけ目指しています。

スポンサーリンク

で、今のところ目をつけているのがZODIAS 160MH-2というモデルです。

個人的に、6.5フィートくらいでも長いかな?と感じて、6フィートまで一気に下げました。

 

 

 

疑似体験

で、ボート上での取り回しはどうなんだろうと思って、先日手持ちにある6フィートのロッドにレフトハンドルハイギアモデルのリールをのせてキャストしてみたんです。

 

 

で、想像通り、あらゆる角度からロッドを振りぬけるのでキャストがしやすい。

やはり、ありだなとなったわけです。

 

 

全てはこの動画のせい。笑

 

ダイワのプロスタッフの内山さんの動画。

亀山湖のカバーの奥へキャストを決めている姿を見て、自分もやりたくなったというのが本音です。笑

自分はキャストのスキルがないので、せめてショートロッドにして、技術の無さをカバーできたらと思っています。

 

…スティーズポッパーフロッグジュニア、気になるな。笑

 

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です