【木崎湖】1泊2日合宿。先週の悪夢を振り払うことはできたのか…?

スポンサーリンク

先週の悪夢の芦ノ湖釣行に続き、今週は長野県【木崎湖】へ。

こちらも毎年必ず1度は訪れているフィールド。

ここ最近のいやーな流れを断ち切る、満足のいく釣行になったのでしょうか…。

星湖亭(せいこてい)

今回は木崎湖では初めての星湖亭さんを利用させていただきました。

昔ながらのボート屋さんといった感じで、感じのいい店主さんが対応してくれました。

店内にはワームなども売られていました。

テンポよく釣りをしたい

ということで久しぶりに直ったハンドコンも取り付けての二機掛けスタイル。

12ftボートにはハンドコンを取り付けられなかったので、14ftボートをチョイスせざるを得ませんでした…。

結果的にはウェイクボードなどの大きな波もあったので安定性では14ftで正解でしたかね( *´艸`)

これまではモリタと一緒にエンジン船を借りていましたが、1人釣行ではこのスタイルでも十分釣りができることが分かりました。

でもやっぱエンジンはいいなぁ。笑

1日目 午前の部

この日はなんとか終日、小雨にとどまってくれました。

連日続いていた雨の影響で、透明度の高い木崎湖もうっすら濁り気味でした。

で、とにかくまずは一匹釣りたいということで(笑)。

雨の後ならインレットだろうということで、ボート屋から一番遠くにある農具川というポイントへ。

到着すると先行者がバスをキャッチしている姿が目に入ったので、”まぁ釣れるだろうよ”と高を括っていたのですが、ぜーんぜんバイトなし。泣

この流れ、まずい…。笑

”機動力を活かせ、俺!”と言い聞かせ、すぐに2つ目のインレットへ移動しました。

ベイトは2mレンジ

2つ目のインレットにつくやいなや、魚探にはベイトが映りまくり!!

4~5mのブレイクラインの2mレンジにいることを確認し、ソアリンシャッド縦割り 2.0インチDSをベイトの層に合わせて泳がせます。

するとロッドがグーンの、ドラグがギューン!!

「キタァッッ!!!!!」と久しぶりのスモールとのファイトを楽しみつつ慎重にやり取りしていると、

プン…とフックアウト。

”これは完全にやっちまってるぞ…”と自ら負の連鎖に飛び込んでいるような感覚に襲われる。

でもやるべきことは見えてると、再びトライ。

するとまたすぐに反応が!!しかし、

プン…とフックアウト。

”これは完全にやっちまってるぞ…”と自ら負の連鎖に飛び込んでいることを実感。笑

その横では、ガイドサービス中の喜代浜友貴プロがこれでもかというくらいにボッコボコに釣ってるのを目の当たりにし、私の心もボッコボコ。泣

フットボールにポークをつけてフォール→ズル引きしてると、バイトはあるのですがほぼすっぽ抜け(ポークにしかバイトしてなかった?)

さらには風も強くなりボートポジション維持が困難になったので一旦ボート屋周辺に戻ることにしました。

結局、午前中は4バラシ。

1日目 午後の部

そうはいってもやることは変わらないのだからと冷静を保っているふりをしつつ←

魚探を見ながらベイトを追うと、わかりやすーく映ってくれるやないの。

リグは先ほどと同じでソアリン縦割り。

ほどなくして明確なバイト!!

「お願い、神様、ホトケ様ァーーーーーー」

と叫んだかは秘密にしておきますが、慎重にファイトして久しぶりにスモールをキャーッチ!!

やっぱりトラ柄、カッコイイなァ!!体高がある35cmくらいのスモールでした!

そしてここでさっきまで吹いていた風がおさまり、湖上は再びおだやかな様相に。

風が止んだってことです。笑

ということで再び先ほどのインレットに戻り、同じことの繰り返し。

なんだよ、やれば出来るじゃん、私って感じで40cmと30cmちょいを追加したところでこの日は終了しました。

2日目 午前の部

2日目は大雨の中スタート。

前日をヒントにどれだけ釣りをさらに絞り込めるのか試してみる。

天候などもさほどかわらないので、ひとまず”ノーミス”ってのを今日の課題にしました。

で、昨日釣れたインレットへ直行!

この日は土曜日ということで、先行者がいることも予測しましたが、意外と人はおらず。

ベイトのレンジが少し上がったこと以外はさほど変化なし。

ソアリン縦割りのシンカーを1.8gから1.3gに変えて、朝から4連発ゥ!!

これはノーミスでいけるぞ!ということで、一旦その場を離れ、より濁りが増した木崎湖をチャターなど巻きながら周遊…。

だけど、スモールとの駆け引きにやみつきになっている私はすぐにインレットに戻るのでした。笑

2日目 午後の部

インレットに再び入りなおし、すぐにバイトを得る。

そして明らかに引きが違う…と思ったら、おもいっきり跳ねて魚体を確認。

「デ、デケェ!!」

これは絶対ばらせないぞー!と言い聞かせながら、ドラグをジージーさせてスモールのつっこみをいなします。

(この流れ、分かりますね?)

プン…とフックアウト。

2日間でいちばん大きなサイズだったと思います。泣

ここでノーミスのお題クリアはならず…。さらにはその後のバイトもバラシ…。

あぁこれで2日間は終わるのか…と一旦ポイントをあけて、再び挑戦。

ちょうど晴れ間も出たタイミングだったので、シェードが形成される側のブレイクを通してると連発!

ラストは2日間で最大の42cmで締めくくることができました( *´艸`)

2日目は6フィッシュ2バラシで終えました。

同じボート屋さんから出ていた方も同じような釣果で、まぁ外れてはなかったのかな?という印象です。

タックル・リグ

この2日間のタックル・リグはすべて同じ。

タックル

ROD:エクスプライド 262UL-S

REEL:セドナ 2500S

LINE:FCスナイパー 2.5lb

使用したリグはソアリンシャッド 2.0インチ縦割りのDS。

ウェイトは1.3gと1.8gを使い分ける感じでした。

多分このウェイトは推奨されていないと思うのですが、私が快適に扱えるウェイトのギリギリなところです。(風もあったので)

バスのバイトも違和感なく喰ってきているように思ったので、バスもシンカーの存在はそこまで気にしてなかったのではないでしょうか。

フックももほぼ上顎でしたしね!

カラーは濁りからブラックをチョイスしてましたが、在庫がなくなりスモーキンシャッドやグリパンも投入しましたが、グリパンへの反応は今回はイマイチでした。

おかげさまで手持ちがすっからかんです!笑

まとめ

というわけで、先週の悪夢を見事に取っ払ってくれた満足のいく2日間でした。笑

課題や発見も多かったです( *´艸`)

というか、スモールの引きはやっぱりクセになりますね~。思い出しただけでもよだれが出そうです。笑

ここから釣果の流れがいい方向にいくといいなぁ…。

それでは!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です