フロッグの修行、【戸面原ダム】編。

スポンサーリンク

房総レイクでのフロッグ修行の2日目。

フィールドは初めての戸面原ダムでした。

気になるボートの安定性

戸面原ダムはヘラブナレイクだったのが、バサーにも解禁されたレイクです。

よっておいてあるボートはヘラブナ釣りの方専用の設計です。

これが安定感があまりなく、不注意で落水することもあると色んな方のブログ、そして当日も店主の方に念を押されました。

私はまぁまぁビビりなので、おそるおそる準備しました…。

店主さんの言う通り、取り付け時はバッテリー→エレキ。片付け時はエレキ→バッテリーとすることで、思ったほどの不安定さは感じませんでした。

ちなみによく利用するローボートも数艇ありました。

千代田湖にあるやつですね!

戸面原ボートには持っている自作ツライチはギリギリ載せられませんでしたので、デッキはなしで出船しました。

浮力体部分が、いつも使っているローボートよりも高かったので、ちょっと操船しづらかったですね。

戸面原で良かった

前日の豊英ダムと比べたらかなり減水しており、オーバーハングなど皆無!笑

景色で言えば、とてもフロッグな雰囲気を感じなさそうなんですが、岸際をちゃんと攻めるとしっかり反応してくれました!

スポンサーリンク

いやぁ、バックアップとして戸面原ダムを選んだのですが、しっかり反応してくれて本当に良かったぁ~。笑

この日はピンク系への反応がすこぶる良かったようで、キューのバブルガム、キューエアーのジェシカというカラーで5バイト2フィッシュといった感じでした。

中には追い食いするバスや、岸からかなり離れた場所でおもっきりバイトしてくるバスも…。

全部キャッチ出来ればそれも良かったのですが、ビックリ合わせ等も含めて、足らない部分を確認できたように思います。

合間に投げる

すんません、この日は軟弱モノでして、朝一からクランクやDSタックルは積んでいました←

それでフロッグに疲れた合間に「ここだろ」ってポイントでキャストすると、1~2投目ですぐ釣れる( *´艸`)

この日の最大魚はブリッツEXDRだったかな。笑

結局フロッグでは2フィッシュ、その他で8フィッシュと、当初の予定とはだいぶ異なる結果となりました…。

2日間のまとめ

ということで、ど根性ガエルレベルをあげるための房総レイクでのフロッグ修行でした。

豊英の時点でなかなか気持ちが詰みかけましたが、2日目の戸面原ダムがあったおかげで、色々と収穫がありました。

この収穫は改めてブログに書いていきます。

しかし、戸面原ダム、だいぶおもしろかったです。バスの反応がかなり素直。

千代田湖の猛者の方々に常々、「早いうちに戸面原は言った方がいいよ」と言われた理由が分かりました。

千代田湖産のひねくれ君たちとは大違いでしたから。笑

自分が考えていることが合っているか間違っているのかは、バスが反応してくれなければ分かりません。

その”反応”に関して、千代田湖のバスたちはかなりひねくれてると思います。笑

でも、そんなひねくれ君たちとも遊びたいんだなぁ。

というわけで2日間のフロッグ修行でした。

それでは!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です