フロッグの修行、【豊英ダム】編。

スポンサーリンク

昨日(8/30)は、新利根川でスピナベのみで競うtheBLADEが開催されましたね!

そんな中、私は来週末、滋賀県伊庭内湖で開催されるフロッグのみで競う大会「DOT」に挑戦します。

ということでど根性ガエルポイントをあげるべく、先週末は房総レイクに修行へ…。

今回は1日目、豊英ダムの模様です!

豊英ダム

一昨年の2月に来て以来、2度目の豊英ダム。

あの時はボートの予約とかどうしたっけ?と思い、房総を拠点にしている釣り仲間のマナ君に連絡を取り、諸々教えてもらいました。

「14ftは取り合いですけど、12ftなら大丈夫だと思いますよ~」ということで、5時半ごろ到着し、汗だくになりながら準備。

6時半には釣りを始められました。

2タックル

今回の旅のメインタックルはこの2タックル。

10g以下はアルデバラン、それ以上はSLXのタックルで。

タックルバランスに関しても試行錯誤してるので、色々と試しています。

まるで気配なし

さて意気揚々と出船したはいいものの…。

美味しそうなオーバーハングばかりで、いつバイトしてきてもおかしくない雰囲気だったのですが、水質がかなり悪いような…。

開始早々に、「この水の感じはきついな…」と。笑

そうはいっても釣果のみを求めるのではなく、キャスト精度をあげたり、タックルバランスを確かめるという目的もあるので、ひたすらキャストを繰り返して上流(大橋方面?)に向かいます。

アオヤロウ、現る

あればいいと思ってたんですけど、んー…ありすぎ?笑

それでもようやく、「これなら釣れそう!」と期待値高まる。

ですがフッキングにいたらない弱いバイトが出るだけで、もてあそばれただけでした。泣

途中で完全に行き止まり…。

13時過ぎ、ココロ折れる

あんまりにもシャローに生命感がないことは、開始1時間で分かったけど、ボート上にはフロッグタックルしかない。笑

そんな時にタイミングよくお腹が痛くなったので←

下船ついでに別タックルを取りに行きました…。(この時点でこの日は自分に負けました。笑)

中層がイイ感じ

「どうせ一段下あたりなんだろ~」とブリッツEXDRや、ソアリン縦割りで目ぼしいところを攻めれば、すぐに反応が返ってくる。笑

7時間の沈黙を破り、30分であっという間に3本。

この日の最大魚は縦割りで♪

これで気をよくして、「じゃあフロッグやりきろー」となるものの、要所ではクランクやライトリグを入れ始めてしまい、フロッグが中途半端に。

それでもやっぱりシャローでもアオヤロウが絡むとバスは反応してくれて、そこでも数本追加してこの日は終了しました。

2日目、戸面原ダム編に続く…。

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • こんにちは。
    来週の伊庭内湖のフロッグ大会に出られるんですか?
    昨日(8/30)、自分も伊庭内かな出てましたが、フロッグで57釣れてましたよ。
    友達は「フロッグでミスバイトしたから」とテキサス入れたら59が釣れたとコーフンしてましたわ。
    僕の方は可もなく不可もなしな釣果でしたが…
    来週は自分は行けませんが、今年の伊庭内湖は結構フロッグ好調らしいので頑張って下さい。

    • A.W.Jさん、コメントありがとうございます!
      初伊庭内湖ですが、そんなお話しを聞いてしまっては興奮度MAXです!笑
      週末、楽しみたいと思います(^^)

      今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です