ボトムアップ【チビーブル】インプレ。ただの1/4ozスピナベだと思うべからず。

スポンサーリンク

【チビーブル】(ボトムアップ)のインプレです。

発売以降、常に人気である兄貴分のビーブル。その弟分にあたるこのルアーですが、「あ、これは買っておかないと」と久しぶりに思ったんですよね。

1/4ozというウェイト。そして、ビーブルのDNAを引き継いでいるのがポイントでした。

スペック

チビーブル スペック

Weight:1/4oz
ColorType:8色
BladeType:タンデムウィロー・ダブルウィロー
Price:¥1100(税込み)

私はホワイトチャートのTW、DWをそれぞれ1つずつ購入してみました。

売り場を見てみると、やはりスモーキンシャッドが人気カラーだったのか、一番の品薄だったように思います。

陸魂マニアックスの1シーン

スピナベサイトの奥義書、陸魂マニアックスでもチラッと小さめのスピナーベイトについて触れるシーンがあったんですよね。(その時は確かD-ZONE FLYだったような)

最速レビュー。【陸魂マニアックス】は見ると見ないじゃ釣果に差がでる…かもよ?

2019-01-19

その時に視聴しながら「小さいビーブル作ればいいのに」と思ったんですが、しっかり登場しましたね。笑

川村さんの思いが詰まっているように感じます。

細かな配慮

ビーブルの時もそうでしたが、スプリッターにウェイトが記入してあるのって、改めて分かりやすいなぁって思いますね。消えにくい場所に記載されているのも良いですよね。

また、チビーブルも同様、パッケージにベストなアーム形状がプリントされています。

ただ、私はしっかり利用したことがないという…汗

スプリッターがイイ

ビーブル/チビーブルの最大のウリは、やはりスプリッターですよね。スピナベに横揺れをプラスさせちゃうやつです。

スポンサーリンク

これはしっかりと水を押す役割も担っているわけで、つまりは小さいスピナベでありながら、しっかりと水押しが出せるというわけです。

実際に使ってみると軽めのウェイトのスピナーベイトにしては、程よく巻き心地があり、リーリングし続けやすかったです。

沈めて使う

以前、小さいスピナーベイトをあえて沈めて使うことを書いたことがあるのですが…。

この【チビーブル】を買ったのはまさにそのため、なんです。

これもスプリッターの恩恵ですが、巻いていて浮き上がりにくいというのは見逃せないポイントでした。

しっかりと沈めて、スローロールしてくる…。小さいのに強く、浮き上がりにくく、手元には程よい巻き心地が伝わってくるのでモチベーションを維持しやすい…と、ちゃんとバスが応えてくれたんですね。

先日は沈めて巻いて当ててくるという正に狙った通りの使い方でキャッチできました。

ヘッダーのコンパクトさ

すり抜けを意識した、涙型のヘッド形状。1/4ozということもあり、とてもコンパクトになっています。

従って、スタックしにくいと。

フィールドによって使い方は限られてくるかもしれませんが、私が行く富士五湖に代表される溶岩帯などは攻めやすいように思います。

まとめ

【チビーブル】のインプレでした。

ただウェイトを軽くしただけではなく、ビーブル譲りのスプリッターがあるからこそ、すでに市場にある1/4ozスピナーベイトとはかなり差別化されているように思われます。

繰り返しになりますが、小さいのに強め。浮き上がりにくい。程よい巻き心地=モチベーションの維持しやすさがこのルアーの良さだと思われます。

また、スピナベサイトなどでももちろん活用できると思われますが、その経験値は無いに等しいので語ることはありません←

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です