5月の【野尻湖】釣行はフォロースティックしか勝たんでした。

スポンサーリンク

3年ぶりくらいに野尻湖へ行ってまいりました。

前回は6月だったので、この時期に行くのは初めてでした。

花屋ボートさん

今回は花屋ボートさんでボートをお借りしました。

2人で乗ったので、20馬力のハイドロにしました。(1日/¥12000)

ややスピードに不満があるか…とも思いましたが、野尻湖規模のサイズであれば値段も踏まえて十分だと感じました。割り勘すれば、¥6000ですしね。

木崎湖だといつもチラーハンドルだったので、このタイプがめちゃめちゃ楽に感じました。

こちらに加えて遊漁料¥700が別途必要です。

釣果

3フィッシュ1バラシでした…。

ただMAX47cmと、スモールの自己新記録を出せたので大満足でした。

ただこの時期の釣果としてはだいぶ厳しいものだそうな。汗

エリア

今回は同船者のテルさんのガイドもあり、エリアは完全にお任せでした。笑

ピンのエリアなどで釣ったのではなく、回ったエリアのほとんどが有名なエリア。

具体的には弁天島、カトリック教会、水道局、小舟瀬など。

それらのエリアを風などの吹き方によって何度か入りなおす感じでした。

私は弁天島で2本、小舟瀬で1本、教会で1バラシ。

個人的なことになりますが、今年は父親を野尻湖に連れてきたいと思っているので、この日の釣りももちろんですが、1か月後の狙い目なども聞きながらの釣行でした。

使用リグ

この日を迎えるにあたり、I字引きが可能なワームを用意していおいてほしいとのことだったので、気になってたフォロースティック(FOLLOW)を購入してみました。

結果として、この日はフォロースティックしかキャストしてないので、フォロースティックしか勝たん状態でした。笑

全部のサカナが上顎にしっかり掛かっておりました!

カラーは大好きなチャート。曇天で、湖面が波立っていても、しっかりと目視できたので集中力を維持することができました。

どーこだ?

タックルはEXPRIDE 262UL-Sに、19ストラディック。ラインはPE0.6号にリーダーはフロロの6lbを組んでみました。

ただフォロースティックを表層直下引きしてくるだけの釣りなのですが、飛距離やらフックセッティングやら結構シビアで、PEに関しては0.4号にした方が良かったかなと思いました。

例年とは違う…?

やっぱりスモールの引きはたまらないですね(*’ω’*)

釣れ方も表層だったということもあり、全てバイトシーンは丸見えで、少ないチャンスではありましたが、とても楽しめました。

ただ、今年の野尻湖、例年とはちょっと違う展開を見せているようで。

ボート屋さんの話によれば、すでにスポーニングがチラホラ始まっているとか。

現にシャローでペアリングしている個体も見かけました。

今年はいまのところ野尻湖の好調な釣果をあまり聞きませんので、もしかしたらそのような部分も影響しているのかもしれません。

…とはいえ、家から3時間で行けるスモールマウスバスとのファイトを楽しめる貴重なフィールドです。

今年はあと数回は足を運ぶことになりそうです…。

今年は野尻湖でもH-1がありますねぇ~。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です