【千代田野郎2021】第2戦。それぞれのフットステップ。第1位TERU。

スポンサーリンク

【千代田野郎2021】第2戦。それぞれのフットステップ。

今回で最終回となります。

そして最終回を飾るのは、第1位のTERUさんのフットステップになります。

すでに告知してあります通り、有料記事としてKWZ BOAT HOUSE(BASE)で販売させていただきます。(pdfをダウンロードしていただく形になります)

注意点としましては、スマートフォンアプリから有料記事は購入することができません。(ショップにも表示されません)

また販売数は10部となっておりますので、購入を考えている方はお早めに購入していただくことをおススメします。

内容

-目次-

1.当日のプラン
2.朝の様子
3.試合開始
4.光量変化
5.風向きが違う
6.状況変化
7.所感
8.最後に

使用画像数:9枚
文字数:2369字

試合中の状況判断の仕方やリグのアクションなど、かなり濃い内容になっております。特に状況判断に至る視点はフィールドを問わずに役立つようと思われます。

一部無料公開

気になる記事の一部を抜粋してみたいと思います。

3.試合開始より

…流しながら各所で数匹のバスを確認するがどれも小さい。(推定500g~600g)
あえて手を付けずに流していくと、ヤマザキYショップ前のワンド(湖畔荘側)の護岸際にてボイルが発生。ボイルしていた魚は小さかったが、それに追尾して深いところより浮上してきた黒い影を確認。その影はスグに沈まずにシャローを回遊し始めたため…

5.風向きが違うより

…ウィードのアウトサイドをハイピッチャー5/16ozで流し推定500gをキャッチしたが入替えならず、バスのコンディションからも、完全にやっていることが違うと判断した。ただ、現状の風向きでは狙ったスポットにホバストを入れることが難しく、風裏(朝一に釣ったワンド)に移動するとシャローを回遊する数匹のバスを確認した…

このフットステップを読んでみて、これぞ自身がパーフェクトゲームと認める試合展開なのだと、思わず唸ってしまいました。

どのアングラーとも違う、完璧にフィールドを見切った試合展開をしていたことが分かりました。

そして、自分がいかに全く違う釣りをしていたのかが分かりました。泣

購入はこちらから

価格は破格の¥500となっております。私の中の基準で、私が決めさせていただいています。

(昨日アップしたコチさんの記事も¥500にさせていただいております。)

記事内には試合中の思考だけでなく、実際に釣ったエリアの図・等深線もあり、値段以上の価値があると思います。

なお、この記事で得た収益は私の懐には全く入らず、全て千代田野郎の運営費やKWZ BOAT HOUSEの活動費に使わせていただきます。

”情報を得ることも出来るし、カワズスタイルの応援も同時に出来ちゃう”と思っていただけると嬉しいです♪

購入はこちらから(スマホ版では表示されません)

第3戦を見据えて…

というわけで、約1週間をかけて【千代田野郎2021】第2戦のフットステップを公開させていただきました。

千代田野郎としては初の試みでしたが、快く引き受けてくださったアングラーの方々、ありがとうございました。

私は結果を見るのも好きですが、それ以上に過程・ストーリーを見ることがもっと好きです。

今までは自分の試合の様子しか発信してこなかったことをちょっと後悔しています。笑

”アングラーの数だけ、ストーリーがある”というどこかで使われていそうなセリフですが(笑)、今後もこの取り組みは続けてみたいと思います。

今月末に控えた第3戦ではどんなストーリーが待っているのでしょうか…

第3戦エントリー受付中です。夏の千代田湖で、お待ちしております!

【千代田野郎2021】第3戦のエントリーを開始します!

2021-06-22

それでは!

Thank you for reading!!

お楽しみに♪

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です