私が【フロントフラッパーカーリー】を好きになった理由。

スポンサーリンク

今年ノリーズから発売された【フロントフラッパーカーリー】。

新作ならば!と勢いで買ったは良いものの、じゃあどの場面で使ったらいいのかな?と購入直後はなかなかパッケージを開けるタイミングがなかったのですが。

結果的に、この夏は必ずと言っても良いほどフロントフラッパーカーリーが結ばれていました。

私なりのこのワームの捉え方を書いてみたいと思います。

使っているリグ

フロントフラッパーカーリーを使用する際に、私が使ったリグは以下でした↓

・フリーリグ

・直リグ(フットボールヘッド)

・ラバージグトレーラー

特に目新しいものはないと思います。笑

フロントフラッパーカーリーという名の通り、フラッパー部分とカーリーテール部分が激しく動くこのワーム。

特にカーリーテール部分のアクションの強さが、フォールスピードにも影響していると感じておりまして、フリーリグなどでは水中でゆっくり且つ激しくアピールしている印象です。

このアクションの真逆にあるのが、エスケープツインだと思います。質量があるものがスーッと落ちていく感じ。フロントフラッパーカーリーは質量のあるものが暴れている感じ。

どちらが良いというよりは、フィールド状況に合わせて使い分けていのかな、と思います。

1m以浅でのアピール

私がこのフロントフラッパーカーリーを使っていて特に重宝したのが、1m以浅でもしっかりとアクションし切るという部分でした。

アクションしないわけでもなく、アクションし始めに着底してしまうのでもありません。

アクションし切る、のです。

着水したタイミングからフラッパー部分もカーリー部分も瞬時に動き出します。

私がフロントフラッパーカーリーに合わせたウェイトは7g~11gの範囲が多く、水深が浅ければ浅いほど、ワームがアピールする前に着底してしまいます。汗

こういうシャローカバーでもしっかりとアクションし切ってくれる。

ですがフロントフラッパーカーリーはわずかなフォール時間でも、しっかりとアクションしてアピールしてくれます。

きちんとアピールしてくれれば、しっかりとバスを惹きつけてくれるというわけです。

というわけで、ここ最近はジグを投げることが多く、フロントフラッパーカーリーがトレーラーの軸になっています。

ここから弱くするのか、強くするのか、と考えながら使い分けています。

もちろん、フロントフラッパーカーリーだけがレスポンスの良いワームである…というわけではないと思いますが、そのような特徴があると考えておくと、出し所も変わってくるのかなと思っています。

意外とコスパ良い?

ちなみにこの【フロントフラッパーカーリー】ですが、フックポイント部分が裂けてしまっても、裏返して同様に使えるので、1パックに12本入り(実際は6本)という感覚で使えます。笑

それでは!

Thank you for reading!!

デジタルデータ販売、eluをこっそりと始めました。

鳥獣戯画風、かわずすたいる、です。

Ryoさんが出品した作品「【鳥獣戯画風】かわずすたいる」 | elu[エル]




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です