【レゼルブ】その磨かれた1本にすべてをかけろ!!

スポンサーリンク

最近、キャストすることが多かったレゼルブ。

バスをかけてくれることが多いのですが、今のところバラシのほうが多い。

先日精進湖でもバスをかけて貴重な朝イチの1匹を逃してしまいました。

このバラシで感じたことは、「アシストフック(追加フック)が仇になってるだろ」ってことでした。

 

入手の経緯

みなさん、こんばんは!!

Ryoです。

今年のフィッシングッショー横浜でお披露目になったレゼルブ。

DSTYLE×JACKALというコラボでも話題を集めてました。

もちろん私も欲しかったのですが、まさかの発売日に亀山湖に浮いていました。

当然人気確実商品だったので、「絶対手に入らない」と完全にあきらめモード。

・・・と思った矢先に、相模湖で知り合ったアベさんが偶然1つ見つけてくれて買っておいてくれたので、奇跡的に入手できたのです。笑

定価で買えてホントに良かった。笑

 

カワズチューン!?

初めて実践投入したのがGWの相模湖釣行。

で、初めて使ってみた感想は「ベタ凪用かな?笑」と思うくらい、少しの波でもあると途端にアクションが悪くなるような気がしたのです。(個人差があると思いますが。笑)

で、そんな時に、つかじーさんの「雄蛇ヶ池~蛇の道は蛇~」のブログ内で私の悩みを解決してくれるような記事が更新されていたんです。

 

このチューンによって、個人的には水噛みが良くなったと思います。

それに加えて、自分はレゼルブの左側面を黒く塗りました。

これはバスが水中から上を見上げたときに、シルエットがはっきりするだろうと考えたからです。

そこからキャストをしていくうちにレゼルブのリアのフェザーが取れてしまったことを機に、リアフック+マラブーをつけることにしたのです。

スポンサーリンク

 

フック1つって不安じゃない?

これって誰もが思うことだと思います。

何を隠そう、この私もそうで、フック付けられるなら2個に越したことはないだろうと、迷うことなくリアにフックを装備。

”ただでさえ釣れる(釣れそう)なルアーなのだから、かかったバスは逃せない”

フック2個装備に抜かりはない、そう思っていました。

 

んー乗らない。

ところが期待に反して、バスはあっけなくバレてしまいます。

「これ、取れてれば、今日1日を楽しく過ごせるのに・・・」という精神安定剤フィッシュが、逆に精神不安定剤として自らの首を絞めるわけです。

ちなみにバラしたバスは沖に浮いているロープ絡みであるということもあるのですが、しっかりフッキングできてれば、そこまでバレるシチュエーションではないはず・・・。

なぜだ・・・と考えていると、実はアシストフックが負のアシストをしてるんじゃないかと思い始めたわけです。

 

Basser 2017 4月号

この号内で、加藤誠司さんのフックに関する貴重な記事が書かれています。

自分も何度も読み返したのですが、ここで目に入るのが、

”2点が掛かるデメリット”という言葉でした。

で、要約すると、

・トレブルフックで深掛かりさせる場合に、1点で掛ける場合と2点で掛ける場合では必要になる力が変わってくる。

・(ベイトでクランクを使った場合)1点掛けでは最低700gのパワーが必要になり、2点掛け場合は2倍の1.4kgのパワーが必要になる。

とのことでした。

 

慢心が仇

この記事、ちゃんと読んでいたのに。

頭の片隅に追いやられていたのかな。笑

つまり私は、”フックが2個ついていることに浮かれて、実はものすごいフッキングパワーが必要なのにも関わらず、そのフッキングを適当にやっていた”

これが、バラシを連発した原因だと確信したのです。

 

即、修正。

実は先ほどの加藤さんの記事には続きがあり、深掛かりをさせるためには巻き合わせが有効であると述べられているわけです。

つまり、バスが掛かったら、ラインのテンションを張りながら、自分の元へ巻いて引っ張り、フックを深掛かりさせるということです。

グラスロッドでクランキンとかする時は思いっきり巻き合わせするんですけどね。

 

で、精進湖で1匹目をばらした時に、加藤さんの記事のことを思い出して、次は絶対巻いてやると思い、

 

今度はしっかりキャッチできた、というわけです。

ただし、このバスの場合も、すぐにルアーが外れたので、おそらく深掛かりはしていなかったと思います。

必ずしもフック2個が確実な手段であるとは言えないんだなと思った瞬間でした。

 

まとめ

というわけで、レゼルブを通して考えたアシスト(追加)フックの有用性についてでした。

今回の件を通して、私がたどり着いた結論は、

・フックを2個付けて安心するなら、むしろ1個にして緊張感を持ったほうがイイ

ということでした。

今回はレゼルブに限って言ってますが、他のルアーも同様で、フックがたくさん着いてるからといって、安心してはいけないと言えるかもしれませんね。

 

せっかくかけたバス、簡単に手放せません。

バスも痛い思いしてるわけですから、せめて釣ってあげたい・・・と思っています。笑




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です