【千代田湖】不完全燃焼な3フィッシュ。

スポンサーリンク

 

今日は千代田湖に浮いてまいりました。

千代田湖に来るのは、先月末の【千代田野郎】以来。

 

タフ化していると言われながらも、良型のバスがあげられていたので、個人的には復調してきているのかな?という良い印象を抱いた中での挑戦でしたが、果たして?!

 

 

トップ…じゃない

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

というわけで、久しぶりの千代田湖釣行。

天気予報でいけば、終日曇りということで、”1日やれるかな?”と思いましたが、途中暑さに襲われながらも、予報通り曇っている時間の方が多かったので、結果1日できました。

 

 

朝の感じで行くとトップでいけそう…正確には出したい気持ちに駆られたのですが、なんとなく違う。

一段下げて、クリスタルSなども投げて回りますが、反応が乏しい。

水が悪いエリアとそうでないエリアを見つけながら、流していきました。

 

 

やはりウィードか?

 

頭の中には”ウィードかな?”という考えは常にありましたが。曇天の中、ウィード内に入り込んでいる可能性はあんまりないと思って、早々に手は出しませんでした。

ですが、結局8時過ぎまで何の反応もなく、途中新たなウィードの発生を見つけたことで、

 

 

そこからウィード撃ちにチェンジ。

すると、答えはあっさり帰ってきて、

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

結局、1日やり通した中で、バスに触れたのはダウンショットのフォールでした。

 

 

 

 

ウィードなんだろうな

 

これは今の千代田湖を攻略するうえで、確実にキーとなることは明らかでした。

ですが、明らかに釣れるサイズが下がった印象が拭えないまま、最後はサイズアップを図って、狙い方を変えましたが、なにも起こらず納竿となりました。

 

 

 

釣行まとめ

先週、昨日とバスに触れなかったので、単純に釣れたことは良かったですが、ギリキーパーサイズというのが、なんとも言えない不完全燃焼感。

バスに触りたいのであれば、ウィードは外せませんが、サイズアップを狙うのであれば別の案も模索しないとならないかもしれません。

 

 

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です